ペットボトルからの食中毒にご用心

先日はペットボトル症候群という症状について紹介しましたが、今回もペットボトルに関係することです。

この暑い夏にペットボトルを口にする機会は多くなっていると思いますが、ゴクゴクとすぐに飲み切ってしまうなら問題はないのですが、ちょびちょび一日がかりで飲むということになると問題になってくることがあります。

それはペットボトルの口先に細菌が繁殖して食中毒を起こすケースがあるからです。

雑菌の繁殖率を甘く見てはいけません。特に気温が30度以上になると繁殖率は爆発的に上がります。なので今のような季節は要注意なのですね。

昔、初代仮面ライダーの俳優さんだった藤岡弘さんがテレビ番組でジャングルの探検に入ったのですが、ほかのスタッフが下痢を起こしたのに対して藤岡さんには何も起こらなかったそうです。

それは藤岡さんがペットボトルに直接口をふれずに水分をとっていたからです。口から離して飲むことで、ペットボトルの口に口内の細菌をつけなかったからです。

現地の食事に慣れていなくて、水が合わなくて下痢をするということはありますが、ペットボトルで自分の口からの細菌が増殖して食中毒を起こすというならジャングルじゃなく日常生活でも起こる可能性は十分あります。

したがって対応策は基本短時間のうちに飲み切ること。冷蔵庫で保管する場合もキャップをしっかりとしめて、最長でも2~3日以内には飲んでしまうことです。

家で飲む場合はペットボトルのまま飲むようなことはしないで、ちゃんとコップに移し替えて飲みましょう。

緑茶や水には細菌の好物である糖分が含まれていないので細菌の繁殖はそれほどでもないですが、例えば甘い清涼飲料水やコーヒーミルクなどはほっといたら短時間でも細菌は繁殖していきます。

お子さんにボトル形式の水筒を持たせておられる親御さんも多いと思いますが、カップの部分に口をつけた場合はできれば飲む前に洗うように指導されるといいと思います。