ア行でおぼえるオメガ3オメガ9のオイル

最近は日本の食卓でも日本の伝統的な調味料に加えて、オイルを使用するところが増えてきましたよね。これは一つは減塩指向というものがあると思います。

でもオイル類はたくさんあるので選択が難しいという人も多いでしょう。

基本的にオイル類はオイルの分子構造の鎖の形状によって種類が分かれます。オメガ3、オメガ6、オメガ9の3種類に分けられます。オメガとは「最後の」などの意味があり、分子構造の鎖の終わりから何番目で数字が入っています。

どれも栄養にとって大事なのですが、特に大事なのはオメガ3とオメガ9です。というのもオメガ6は結構加工品に使われていて日本人は意識しないでも十分に摂取している上に、種類が多くて一々覚えるのが大変だということがあります。

オメガ3と9は数が少ないので、これだけは覚えていれば残りはオメガ6とその他だという理解でいいからです。

まずオメガ3ですが、アマニ油、えごま油、シソ油などです。これに最近宣伝でもよくみるDHA、EPAなど青魚などに含まれる油が加わります。オメガ3はオメガ9と並んで人間の体内では生成できないため必ず外から摂取してくる必要があるため、必須脂肪酸と呼ばれています。

シソ油は少し珍しいですが、スーパーで普通に買えるのはアマニとえごまですね。二つとも熱に弱いため加熱処理してしまうと栄養素が壊れてしまいます。

えごまやアマニにはリノレン酸が含まれていて、生活習慣病を予防したりうつ病、イライラ、花粉症はどのアレルギー症状を抑えてくれる効果があります。

次にオメガ9ですがオリーブオイル、キャノーラ油などのほかにアーモンドやアボガドなどにも含まれています。キャノーラ油については販売数も多いですし、健康に良いという意見と悪いという意見がありますのでここでは省きますが、オリーブオイルは長寿食で有名な地中海料理によく使われています。

オメガ9はオレイン酸が代表的で、その効能はオメガ3のリノレン酸とよく似ています。なのでスーパーで迷ったときはオメガ3のアマニえごま、オメガ9のオリーブオイルを選んでおけば問題ないでしょう。

覚え方としてはアマニえごまオリーブ青魚アーモンドアボガド、いずれもア行なので店頭で様々な種類をみてもア行のものを選べばいいということになります。

食べ方使い方ですが、絹豆腐などに使うのはいいかもしれません。オメガ3は熱に弱いので加熱処理が必要な料理には向いていません。豆腐は味が素朴なのでオリーブオイルやアマニ油、時にはレモン酢、かつお節、ネギをかけて食べると飽きずに続けられます。

醤油もいいのですが、どうしても味が濃くなってしまいますし塩分も考えてしまいます。なので調味料として活用しましょう。

2018年7月22日 | カテゴリー : 食事 | 投稿者 : staff