今注目されてるそばの実ダイエット

今ダイエッターの間で「ソバの実」が注目されています。そばの実には”レジスタントプロテイン”が含まれており、これが脂肪とコレステロールの吸収を抑えてくれるからです。

抑えてくれる理由は、脂肪分やコレステロールは腸内で分泌される胆汁とくっついて吸収されるのですが、このレジスタントプロテインはその胆汁の分泌を抑えてくれるからです。

なので食前にスプーン一杯分の実を召し上がることで、余分な脂質とカロリーの吸収を抑えてくれるのです。ただし、そばの実を食べるだけでやせるというようなものではなく、あくまでも余分な脂質を抑えてくれるといったものだと思います。

ただし個人的には食前に召し上がると、食後に満腹感が持続するような気がします。

作り方ですが、まずそばの実を1時間ほど水に漬けます。ゴミなどが浮いてきますので取り除きましょう。その後、実をお鍋で15分ほど煮ます。その後ザルの上にひきあげて、冷水でゆがいてぬめりをとってください。あとはタッパにいれて食前にスプーン大の実を食べましょう。

保存については冷蔵庫にいれてもせいぜい3日ぐらいしかもたないので、一度にあまり作りすぎないのがポイントです。そばの実はネット通販でもスーパーでも売られているので、問題なく購入できます。

食感は軽くて玄米のそれを少し柔らかく角をとったようなものです。実際白米に混ぜて玄米食のように食べる食べ方もあります。味は炭水化物も含まれているのでほんのりと甘いのですが、白米ほどではありません。

そばの実にはビタミンであるルチンと呼ばれるポリフェノールの一種が含まれています。これが抗酸化作用をもっており、血管の劣化を防ぎ、高血圧予防にもなるのです。

レジスタントプロテイン自体は食物繊維なのでお通じに良いですし、体内で吸収されにくいので腸までカプセルのように運ばれるのです。

それでは市販のそばを食べればレジスタントプロテインが摂取できるのではないかと考えてしまいますが、そのようなそばには肝心の成分が抜けてしまってるため(プロテインやルチンは皮の部分に集中して含まれる)、実自体でないとあまり意味がないのです。

ただしそばにはアレルギーがあります。毎日大量のそばの実をたべるとアレルギーになる体質の方も出てくると思うので、分量を守って食べすぎないように気を付けてほしいと思います。小さなお子さんにはお控えいただくようお願いします。