認知症は早期発見が大事

Gust©Gustavo Devito

認知症は決して珍しい病気ではなく、高齢化社会の日本においても国民病とよべるものになってきました。

認知症は比較的進行の早い病気です。治療薬も進行の度合いによって変わってきますが、効き目はやはり症状の軽い段階のほうが大きいそうです。ですので早期発見が大事になってきます。

発見のためにはご本人様だけではなく、周りの人の気づきも大事になってきます。そこで以下のような症状が出だしたら、念のためにお医者さんに相談に行くことをお勧めします。

  •  物忘れがはげしくなった
  • 人柄が変わり、感情の起伏が大きくなった
  • 約束の日時や場所を忘れるようになってきた
  • 気分が沈みがちになってきた
  • 新しいことに挑戦しなくなってきた
  • 計算や運転など判断能力が衰えてきた
  • 身だしなみが崩れてきた

病院では「認知症外来」や「もの忘れ外来」などに専門医がいます。

ただの老化現象であることも多いので、不安がらずに受診しましょう。また認知症は必ずしも高齢者だけの病気ではありませんので、若い人であっても異変を感じたらお医者さんに相談しましょう。

ゆずの効能

yuzu

ゆずというと日本人にはなじみの深い食材です。中国揚子江上流が原産で、日本には奈良・平安時代にはすでに植えられていたそうです。

カリウム、ビタミンC、クエン酸、リンゴ酸などを含みます。ビタミンPも含んでおり、これはかんきつ類一般に含まれているもので、ポリフェノールの一種であり、血液をサラサラにする効果があるといわれています。

ゆず湯というのもこの季節愛好されている方も多いと思います。ゆず湯の伝統は江戸時代からあります。ゆずには”融通が利く”という意味を兼ねて、食材だけではなく湯治にも利用されてきました。これも冬至=湯治とかけています。

なぜゆずをお湯に入れると体にいいのかという科学的な説明については、ゆずの皮が含んでいる油が湯冷めを防ぐと言われていることが一つ。そしてゆずには血管を拡張させる効果があり、体内から温める効果があるということもあります。また皮膚表面をすべすべにする効果もあると言われています。

またゆず特有の香りはシトラールと呼ばれる成分からきており、いわゆるレモン臭なのですが、リラックスさせる効果があります。

この他、筋肉痛やリウマチ、膝痛、腰痛などにも効果があると言われています。

個人的にお勧めなのはゆずジャムです。こちらのレシピを参考に是非おうちでも試してほしいですね。

シオシオクイズのご紹介

enbunryou*クリックすると拡大します

今週の週刊文春に認知症予防対策として、”減塩生活のすすめ”が特集されていました。

その中で日本一の長寿県として知られている長野県の須坂市での健康講座で使われている塩分摂取についてのアンケート、シオシオクイズがよくできているので紹介します。

〇か×でお答えください。

  1. 人間1人が一日に取らなければならない塩分量は5gである。
  2. 汗をかく人は塩分を多めに取らなければいけない。
  3. 食パン1枚とご飯1杯の食塩量は同じである。
  4. さるぞばとざるうどん、塩分が多いのはざるそばだ。
  5. 筑前煮ときゅうりのぬか漬け3枚では筑前煮のほうが塩分量が多い。
  6. カリウムは血圧を下げる効果がある。
  7. カリウムは野菜や海草に多く含まれている。
  8. 味噌大さじ1杯に含まれている塩分は約1gである。
  9. 食品表示で「うす塩」と「うす塩味」の塩分量は同じである。

このアンケートは塩分摂取に関するトリビアであふれているので勉強になりますね。

塩分の摂取過多は知識のなさからくるものも多く、意識づけるだけで塩分量の過剰摂取を回避できると思います。塩分の過剰摂取は高血圧や動脈硬化につながり、脳梗塞や脳出血と言った病気を引き起こします。是非減塩生活をこころがけましょう。

クイズの答えは次の通りです。

  1. × 1~1.5g程度
  2. × 普段の食事で十分
  3. × 食パン1枚は0.8g、ご飯は塩分ゼロ
  4. × うどん1人前は0.2~0.8、そばは塩分ゼロ
  5. 〇 筑前煮1人前は約2g、きゅうりの糠漬け3枚なら約1.3g
  6. × 塩分を体外に排出する作用がある
  7. 〇 昆布やわかめ、パセリにとくに多い
  8. × 信州みそは約2.3g
  9. × うすしお味は減塩とは限らない

噛み合わせがもたらす健康

ha

欧米では、歯の噛み合わせは結構重視されます。アメリカでは学生の人の多くは歯の矯正をしています。

なぜ矯正する人が多いのかというと、やはり見た目、美容だと思います。日本では、たとえば八重歯はかわいいと感じられるかもしれませんが、アメリカでは残念ながらそうは受け取られないようです。そこでみんな一生懸命に矯正するのです。

次にやはり健康です。噛み合わせがうまくいかないと、体の様々なところに悪影響が出ます。

頭痛やめまい、肩こりに悩まれる方も多いのですが、なかなか歯の噛み合わせが原因だと思うことは少ないので、原因究明に時間がかかってしまうことがよくあります。

頭痛の場合は片頭痛が発生することが多いです。

食事の際、片噛などが癖になっていると、歯の高さが左右で違ってきて、結果噛み合わせのずれが生じてそのような症状を引き起こすのです。右でかむ癖がある人は左肩にコリを感じることが多いそうです。

こういう症状の場合は”均等噛み合わせトレーニング”をするとよいそうです。

また年齢とともに奥歯がすり減ってきたり抜けてきたりすると、頭部が後ろに傾斜することになります。こうなると姿勢も自然と猫背になってきて前傾してきます。これにより脊椎間神経が圧迫されるようになり、腰痛を発症する可能性があります。

また脳につながる脊椎間の神経が圧迫されることによって、聴覚にも影響を及ぼし、老人性難聴といった症状がでることがあります。

このように歯の噛み合わせが、思いもよらない体の他の部分に影響を及ぼすことがあります。ですので、慢性的にそのような症状を抱えてなかなか原因がわからないという人がいたら、一度噛み合わせについて疑ってみてはいかがでしょうか。

*画像はコムネット様から頂きました

インフルエンザ対策

influ

インフルエンザの名前はよく聞きますが、ではどのようなものかというとあまり知らない人が多いと思います。

インフルエンザが普通の風邪と違うところは、まずそのウイルスのタイプが違います。いわゆるインフルエンザウイルスと呼ばれるウイルスです。風邪がくしゃみや鼻炎やのどの痛みなどに特徴が出るのに対して、インフルエンザは高熱を発症します。またインフルエンザは筋肉痛や関節炎を伴います。

インフルエンザが怖いのは、特に高齢者にとって重症化して肺炎などの合併症を伴うことです。したがってまず感染しないことが一番大事になります。

最近はインフルエンザワクチンの理解と普及が進み、受診される人も増えています。ただ毎年どのタイプのインフルエンザウイルスが流行するのか事前にはなかなかつかみにくく、ワクチンを接種したからといって完全には安心はできません。

そこで基本的なことですがやはりうがいと手洗いが大事です。ノロウイルスの記事の際に手洗いの仕方を掲載しましたので、今度はうがいのほうを載せておきます(クリックすると拡大します)。

ugai_btm

インフルエンザが現在どれぐらいはやっているかを確認するのは簡単です。中外製薬さんがインフルエンザ流行マップを定期的に更新していますので、気になったら確認しましょう。

太陽光とビタミンD

taiyou

ビタミンDは主に魚に多く含まれます。あんこうのきも、いわし、サケ、にしん、マグロ、さんまなどです。

ビタミンDが他のビタミンと違って少し特別なのは、ビタミンAと並んでいわゆるホルモンの働きをするビタミンだということです。”ビタミン”というのは、体内で生成できないという意味を含んでいて、物質をさすのではなくあくまでも機能をさします。

ところが、ビタミンDは食物から摂取しなくても体内で、少量ですが生産することができます。皮膚には”プロビタミン”というビタミンになる前の物質を含んでいるのですが、これが紫外線にあたるとビタミンDに転換されるのです。

また、ビタミンDは太陽光とからんでカルシウムやリンの体内吸収を促進します。日中に運動をすることによって太陽光を浴びることで、ビタミンDはカルシウムの吸収力をアップさせるわけです。したがってビタミンDは、骨粗鬆症や骨軟化症そしてくる病などに効果的です。パーキンソン病についても一定の働きをすると言われています。

骨を丈夫にするために大事なことは、できるだけ日中に運動をして太陽光を浴び、お魚を食べて牛乳を飲むということになります。特に冬の季節は日中の時間が少なくなりますから、浴びる紫外線の量も少なくなり、ビタミンDも生成されにくくなります。

寒くてもできるだけ外に出て、日の光を浴びてほしいですね。

ノロウイルスが流行の兆し

noro

ノロウイルスが東京で流行の目安となる基準値を突破したそうです。東京都が感染警報を発表しています(こちら)。

ノロウイルスが引き起こすのは感染性胃腸炎です。下痢や発熱、嘔吐や腹痛が主な症状です。一時的に強烈な症状を生み出すので注意が必要です。発熱についてはそれほど高くはならない一方、嘔吐の症状が激しいことで知られています。

ノロウイルスが引き起こす胃腸炎がやっかいなのは、ノロウイルスのタイプには様々なものがあるため一度感染したからと言って再感染がないとは言えないということです。

ノロウイルスが引き起こす胃腸炎の治療には、実は根本的なものがありません。排尿や発汗で、ウイルスを体外に排出させるということが大事になってきます。脱水症状にならないよう十分な水分摂取を心がけましょう。

下痢に対処するため下痢止めを使用する人もおられるでしょうが、あまり好ましいことではありません。下痢は体内の免疫機構がウイルスを排除しようとする反応ですから、それをクスリで止めてしまうと、ウイルスが体内に留まってしまいます。

大事なことはなによりも感染予防です。そのためにはこまめなうがいと手洗いが大事になってきます。手洗いはなかなか奥の深い作業です。しっかり除菌するために手洗いの作法を徹底させたいものですね。

下の図は洗剤メーカーのサラヤさんのものです(クリックすると拡大します)。参考にしてください。

tearai

奈良の談山神社

写真 (42)

奈良の談山神社というと、知る人ぞ知る、紅葉の美しい飛鳥にある名刹の一つです。

長谷寺、富麻寺などと並んで、大和七福八宝めぐりの一つに数えられています。中臣鎌足を神として祭っている神社です。

談山神社の名称の由来も面白いです。中臣鎌足と中大兄皇子が大化の改新を語らい、”談合”した場所がこの山だったことから、”談らい山(かたらいやま)”と名付けられたそうです。

写真 (40) 写真 (41)

この十三重!の塔はスラッとしていて、小ぶりですが均整がとれていて美しいです。十三重というのは木造建築として世界唯一のものだそうです。1532年に建てられました。

写真 (43)

また大和川の源流の一つがここの湧水になっています。

この付近には橿原神宮や今井町、明日香の石舞台、飛鳥寺など古代からのロマンと歴史を感じさせるスポットがいくつもあり、また美しい田園風景が広がっており、サイクリングや散策にもってこいの場所です。レンタサイクリングも行われていますので利用してみてはいかがでしょうか。

残念ながら秋の紅葉シーズンが終わってしまい、紅葉はほとんどなくなっていましたが、その分人の人数が少なくて落ち着いて散策できました。紅葉は11月20日ごろが最盛期らしいので、また来年訪れられてみてはいかがでしょうか。

2013年12月9日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : staff

入浴剤の効能

nyuyoku

12月に入り、入浴剤が恋しくなる季節が来ました。愛用されている方も多いと思います。

入浴剤にはいくつもの効能が謳われています。たとえば、冷え症、肩こり、腰痛、神経痛、疲労回復、痔、アトピー、血行促進などに効果的だと言われています。

入浴剤の成分は硫化ナトリウムや炭酸ナトリウムです。要は重曹であり塩分です。塩分は皮膚のたんぱく質と結合して膜を形成します。この皮膜によって体内の熱が外に逃げにくくなり、結果保温効果を高めると言われています。

ただ実際のところ入浴剤の効果は入浴剤の成分によるものよりも、入浴そのものにあるとも言われています。というのは入浴剤は自然の温泉の成分を模倣してできたものですが、一般のお風呂に入れる入浴剤の成分濃度は温泉と比較して大体5分の1以下だと言われています。なので、なかなか温泉ほどの効能を期待するのは難しいのです。

では入浴剤に意味はないのかというとそんなことはないのです。入浴剤が持つ色や香りを楽しむことで、より長くお湯につかることができて、体の芯から温まることができて結果入浴の効果がでやすいということです。

入浴剤をうまく使って入浴そのものを楽しむことができたらお安いものではないでしょうか。

2013年12月6日 | カテゴリー : 生活習慣 | 投稿者 : staff

人工甘味料は太る?

zero

人工甘味料はダイエット飲料によく使われています。カロリーゼロなどのうたい文句が多いですよね。ダイエットや体重の気になる方で愛飲されている方も多いと思います。

ただ注意も必要です。それはダイエット飲料を日常的に飲む人のほうが太りやすいという研究結果が多く出ているからです。それはなぜでしょうか。主につぎのような要因があると言われています。

まず人工甘味料は肥満に作用するホルモンの分泌を助けてしまう可能性があるということです。このホルモンとはいわゆるインスリンのことですが、このインスリンは血液中のブドウ糖を取り除き血糖値を下げる効果を持っています。取り除かれたブドウ糖は脂肪として体に蓄えられますから、結果的に太ってしまうのです。

またこのインスリンの過剰分泌は、インスリンの供給能力を低下させてしまい、血糖値が下がりにくくなります。最終的には2型糖尿病になるリスクを増やしてしまう可能性があります。

次に人工甘味料は普通の砂糖と比較して、かなり甘味が強くなっています。甘味料の代表的なものにたとえばサッカリンがありますが、このサッカリンは砂糖の200倍以上の甘味を持っています。

したがって人工甘味料が入った飲料水にのみ慣れてしまうと、その強烈な甘味になれてしまいさらなる甘味を求めてしまうというスパイラルに陥ってしまいます。結果、過剰な甘味摂取につながり、カロリー過多につながるのです。サッカリンはコカイン以上の中毒性を持つとも言われています。

運動が不足しがちで外食が多い人などにはカロリー制限は必要です。とはいえダイエット飲料など単品でカロリー制限を行うのではなく、全体の食生活と運動習慣の見直しから適切なカロリー摂取を心がけたいですね。