西日本豪雨を教訓に自治体のハザードマップを確認しておきましょう

西日本の豪雨災害は予想以上に深刻なものになってしまいました。災害は決して他人事でないということがよくわかる出来事でした。

ですので余裕がある日常の時から確認すべき情報は確認しておきましょう。今回お勧めしたいのは各自治体が公表している「ハザードマップ」です。

堺市でいうと「内水ハザードマップ」と「土砂災害・洪水ハザードマップ」の2種類のマップが堺市のサイトに掲載されていて各地区ごとにマップが公表されています。より重要なのは土砂災害洪水マップのほうです。

ハザードマップの有効性、正確性は今回の豪雨災害でも確認されており、前もって確認しておくことは緊急の時にどこに逃げればいいのか、どのように逃げればいいのか、またどこにいると危険なのかがわかります。

それでは上の図の堺市の堺区の”土砂災害洪水ハザードマップ”を参考にしてみてみましょう。注意してほしいのはこのマップはあくまでも豪雨災害などで大和川の氾濫などが予想された場合のハザードマップです。南海トラフなどの地震や津波災害のマップではないことに留意してください。

一番注目すべきは濃いオレンジ色の部分です。ここが浸水率5m以上の場所になります。オレンジ色が薄くなっていくと浸水深度は下がっていきます。白地は基本的には安全なエリアとなります。

オレンジ色のついた部分ですぐにわかるのはやはり大和側沿岸です。堺市大阪市両岸の広範囲にわたる地域で深刻な浸水エリアが発生します。

そして次に注目すべきは東西に走る大和側と直角(南北)に走る阪神高速15号堺線沿いです。大和川からあふれ出た水が高速道路の高架下を一直線に下っていく様子がイメージできるぐらいの水没地帯が広がっています。

この高速道路と並行に走る南海高野線との間の部分、堺市役所の付近までは残念ながら広範囲に水没してしまうエリアになっています。

なので高速道路を挟んで湾岸のほうのエリアに居住地域がある方、もしくはそのあたりにいた場合は、高速道路のほうには行かずに、堺警察署、消防署、キンショーストアー、阪堺線大小路駅の付近で留まるほうがよいということになります。

もともと阪神高速15号線の高架下は土井川という小さな河川がありました。そこを埋め立ててその地盤の上に高速道路が走っているので、洪水の時は天井川である大和側から一気にそのルートを水が下ってくることが予想されます。

高野線を堺東駅を超えて三国ケ丘側まで駆け上がると海抜が大体13m以上ありますので、東北大震災クラスの津波でも回避することができる安全地帯になります。

なので気を付けるポイントは高野線を境に三国ケ丘側の人はそのまま坂を上ってできるだけ高いところまでいくことが肝心です。間違っても線路を超えて市庁舎側に向かったり、堺東駅方向に降りていくような行動はやめましょう。

堺東駅前の商店街などにいた場合は、堺東駅の高島屋や市庁舎に逃げ込みましょう。

堺港付近にいた場合は実は比較的安全です。新しく埋め立てられた土地なので護岸がしっかりしており土地がかさ上げされており、大和川の河口付近から離れていますので安全です。ですので状況にもよりますが、無理に街中のほうへ戻ろうとする必要はないと思います。

このようにハザードマップから読み取れることはたくさんありますので、普段の活動地域や住居付近の安全を確認して、普段から家族内でよく話し合っておくことがもしものときに生きてくると思います。

不明な点疑問があれば自治体に問い合わせしておくこともよいと思います。

This entry was posted in その他, . Bookmark the permalink.