加齢臭はどうふせぐ!?

人間、中年にさしかかると加齢臭が気になりだします。特に枕のにおいは本人でも気づくと思います。枕ににおいがつきやすいのは耳の裏側や首回りに加齢臭が発生する場所があるからです。

その他、背中、おでこ、鼻、脇、など上半身のほとんどは加齢臭の発生する場所になります。本人に自覚症状がでにくいのは、鼻からも匂いがでるのでその匂いに慣れてしまって気づかないからです。

このにおいの原因は「ノネナール」という不飽和アルデヒド(有機化合物)の一種です。これ自体は匂いはしませんが、皮膚表面の脂質や常在菌と結びつくと人間の鼻には独特のにおいが感じとられてしまうのです。

なのでお風呂に入った時は集中的にその部分を洗いましょう。またあがってからもタオルで集中的に拭いてほしいと思います。そのためにも髪も長髪よりは短髪のほうがよいでしょう。耳の上ぐらいまで髪を切っていれば匂いの発生部分が表に出るので洗いやすいからです。

また食習慣の改善も必要です。普段から脂っこいものや糖質過多の食生活をしていると匂いはどうしても強くなります。

喫煙習慣がある人、アルコールを普段からとっている人、歯磨きが不十分な場合も複合的に匂いが強くなります。

運動をすると汗をかきますが、その際汗腺につまってる不純物を外に排出してくれる働きがあります。こまめに汗をかいて、こまめにシャワーを浴びましょう。

よく加齢臭について男性、つまりおじさんを想像する人が多いのですが、女性にも加齢臭は発生します。女性は男性と比べれば発生しにくいことは確かですが、それは男性よりも脂質を取らない、普段から香料などにおいに敏感である、汗腺の数が少ないということが挙げられます。

体臭は口臭と並んで生活習慣のバロメーターです。最近匂いが強くなってきたなと思ったら、自分の生活習慣を見直す機会にしてほしいと思います。

また寝具も枕カバーなどは夏場は頻繁に取り換えましょう。寝るときは必ず寝間着に着替えて、寝具に外の付着物を付けないよう努力しましょう。

普段から汗をかきやすい人はかきにくい人と比較すれば匂いは強くなります。自覚症状がなくても、例えばシャツのえりの部分が茶色くなりやすい人などは、匂いが出てるかどうか自覚することで、周りの人へのエチケットにもなります。

This entry was posted in 生活習慣. Bookmark the permalink.