高血圧対策にツボ押し

前回は高血圧対策に降圧体操を紹介しましたが、今回はツボ押しです。よく使われている降圧ツボが合谷(ごうこく)です。

合谷とは親指と人差し指の付け根の二股に分かれてる部分の頂点(図参照)にあります。そのへこんでる部分を左右5回ずつ、5秒間互いの親指を使って、息を吐きながら押してみましょう。これだけで降圧効果が得られるといいます。

合谷はツボ押しのなかでもかなりポピュラーなものです。理由は自分でも指圧しやすく、かつその効能が多岐にわたるからです。めまい、睡眠、肩こり、にきび、アトピー、生理痛、頭痛などです。

それではなぜツボを押すと血圧が下がるのでしょうか。前回のNO発生メカニズムを考えてみるとわかりますように、血流の結節点であるツボを押して人為的に血流をとめることで、NOを発生させて血圧を下げることができるわけです。

また息を吐きながらやることで”βエンドルフィン”というホルモンが分泌されて、リラックス効果が得られます。

合谷のほかにも高血圧予防に効くツボのポイントはあります。人迎・百会・曲池・足三里・風池・三陰交などです。検索すれば出てきますので、関心を持たれた方は試してみてほしいと思います。ただしやはり合谷ほど手ごろなツボはないと思います。

ツボ押しは気軽にできるものですが、飲酒した後や入浴した後は、ツボを刺激することで血流がよくなりすぎて、アルコールがまわりやすくなってしまいますし、過剰にもなってしまう場合もありますのでお控えください。

前回の降圧体操も気軽にできる体操ですし、ツボ押しはさらに手軽にできますので、二つ合わせて高血圧予防に励んでみてはいかがでしょうか。

This entry was posted in 生活習慣. Bookmark the permalink.