ささくれは生活習慣改善のためのシグナル!?

”ささくれ立つ”という言葉がありますが、”ささくれ”とは指の爪にできるとがった皮膚の突起物のことです。気づいたらいつの間にかできていて、意外と痛みがあって不快なものですよね。爪と指の境界にできる皮膚繊維が避けてできたものです。

ささくれができるのはいくつか理由があります。食器洗いの洗剤があっていないとか、シャンプーがあっていないとか、水に手を浸す時間の長い仕事をしているとかです。

しかし食生活が影響している可能性もあります。皮膚の源になる栄養源は、たんぱく質、ビタミン、ミネラルの3要素です。それらのどれかが欠けても、ささくれができる可能性を上げてしまいます。特にビタミン類は大事ですね。

たとえばビタミンAは皮膚の成長を促し、爪や皮膚を若々しく保ってくれますし、ビタミンB2は皮脂の分泌量をコントロールしてくれます。

同時に食物繊維と発酵食品の摂取も大切です。腸の調子をよくすることが肌の質を良くします。そのためには腸内細菌の働きが欠かせません。食物繊維は腸内細菌の栄養になりますし、腸内をきれいにして腸内細菌が増殖するきっかけを作ってくれます。

発酵食品の摂取も同様に効果的です。発酵食品の中には乳酸菌や微生物が豊富に含まれており、接種することで腸内細菌を増やしてくれます。

また睡眠も大切です。睡眠中には様々なホルモンが分泌されるのですが、特に成長ホルモンが大切です。俗に「寝る子は育つ」といわれるように、寝る子は肌が新陳代謝されてきれいになるのです。

ささくれができたときの対処法ですが、棘を抜いたりするように引っこ抜いたりすることは絶対にやめてください。跡が化膿したりしてより重篤化することがあります。

一番簡単な対処法は、とりあえずささくれてる部分の根本で挟みや爪切りなどを使って切り取ってしまうことです。そのまま放置していれば、ほとんどの場合はいつの間にか治ってしまいます。

ささくれ自体はちょっとできたところで気にしない方がほとんどだと思います。痛みがあった時にきがつくぐらいで、それも何とはなしに収まってしまって忘れてしまいます。でもささくれは生活習慣悪化のシグナルかもしれません。生活習慣を見直して改善するためのきっかけにしてほしいですね。

This entry was posted in 食事, 生活習慣. Bookmark the permalink.