眠りすぎた後に頭痛がするのはなぜ!?

つい寝すぎてしまって例えば休日のお昼ぐらいに起きてしまうことがあると思います。そんな時に良く寝たつもりで体調も良くなり、頭もすっきりすると思いきや、頭が痛くて気分が悪いといった経験はないでしょうか。

ここでは寝すぎによる頭痛を”寝すぎ頭痛”と呼んでみたいと思います。

寝すぎ頭痛には二つのタイプがあり、どちらかもしくはどちらの症状も出る場合があります。二つのタイプは片頭痛タイプと後頭部タイプです。

片頭痛タイプはこめかみから側頭部にかけて頭痛が起こります。睡眠後に頭痛が起こるの理由は、弛緩をつかさどる副交感神経が寝すぎにより働きすぎることによって血管が拡張して、それが三叉神経を圧迫するからです。そのため心臓の脈ごとに痛みがドクンドクンと脈打ちます。

このため吐き気や嘔吐が併発します。頭を振ったり運動をしたりすると痛みが増幅します。

後頭部型は筋肉が緊張することによって起こります。就寝中に無理な体勢で固定されてしまうと筋肉が固く硬直してしまい、筋肉内の血流が悪くなり、筋肉の中に乳酸やピルビン酸などの老廃物がたまってしまいます。それが周辺の神経を圧迫して頭痛が起こるのです。

時間とともに頭全体に痛みが広がって長期間痛みが持続します。頭を振っても痛みが増幅したりはしませんが、肩や首周辺のこりが併発します。

片頭痛型への対処法はいくつかあります。血管を収縮させるためには、まず頭痛が起こっている部分を氷などで冷やしてあげる必要があります。氷嚢などで首筋や後頭部など太い血管が通っているところを冷やしてあげると、血管を通る血流が冷やされて収縮につながります。

またコーヒーや紅茶などでカフェインを摂取することで、カフェインには血管収縮作用がありますので、頭痛の原因を鎮めてくれます。

もちろんバファリンなどの市販の鎮静頭痛薬も有効です。ただ頻繁に服用しますと体が慣れてしまいあまり効かなくなっていきますので、最初は薬を使わない方法を試してみましょう。

後頭部型は、筋肉の緊張をとってやるために腕や首を回してリラックスさせたり、お風呂に入ることで血行を良くしてあげることが効果的です。

さてそもそも血管が必要以上に拡張してしまうほど副交感神経の影響が高まってしまうのには睡眠に問題があります。

特に最近寝不足状態が続いていたとか、激しい運動をして疲れ切っていたとかではない限り、長い時間眠り続けるということは睡眠の質が悪いということを意味します。

眠りの質が悪い、浅いということの原因は、例えば睡眠時無呼吸症候群、うつなどが考えられます。また最近ではスマホの画面を練る前まで見てしまうことで、眠りが浅くなってしまうことが指摘されています。

日中は日光に当たりながら散歩することで、心地よい疲労感とともにセロトニンが分泌されて夜の快眠につながります。睡眠不足も問題ですが、過剰な長時間睡眠も問題です。頭痛につながるような長時間睡眠を頻繁に経験される方は、生活習慣を今一度見直してほしいですね。

This entry was posted in 生活習慣. Bookmark the permalink.