ちょっととっつきにくい囲碁も脳を鍛えるのに効果的

脳をいつまでも若々しく保つためには、筋力と同じく脳を常に使うことを考えなくてはなりません。使えば使うほど脳はその機能を活性化させるのです。そのための手段として日本に古来からあるボードゲームの将棋や囲碁というのはとても有効です。

囲碁というと日本では長い間大人の趣味と思われていました。しかし残念ながらそのゲームのとっつきにくさから、大衆が気軽に打つような状況にはないといえます。なぜでしょうか。将棋と比較してみるとその特徴が浮かび上がってきます。

まず囲碁は陣取りゲームであって、玉取りゲームではないことです。将棋なら王様をとって終了なのでわかりやすいのですが、囲碁はひたすら陣地合戦であまりカタルシスがわいてきません。オセロのように挟んで相手の駒をとるように、相手の碁を囲むことによって相手の碁を取り上げることになります。

囲碁が将棋と比べて違うのは圧倒的に自由度が囲碁のほうが高いことです。初級の間だと自分が何をやっているのか今一わからずに手ごたえがあまりありません。そのくせ時間がかかります。囲碁で勝負がつくのは最低でも2時間はかかります。将棋だと早ければ30分程度ですみます。

それどころか初級者の間だと自分がどれくらい勝っているのか負けているのかもよくわからないでしょう。

またせっかく興味をもって囲碁を始めてみても、最初はそれなりの熟練者と対局しないと形になりません。初級者同志だとお互い何をやっていいのかわからないからです笑。

囲碁には「コウのルール」というものがあります。同型反復を避けるためのルールなんですが、これも結構わかりずらいです。対局をこなしてなれるしかありません。

とはいえルール自体はそれほど多くはありません。その気になれば個1時間で覚えることができますが、囲碁で難しいのは定石を覚えることです。囲碁の定石は打ち手に自然と悪手を避けるガイド役を果たしてくれるのですが、同時に時と場合によっては絶対というものではありません。これも対局数をこなして体で覚えていく必要があります。

それでも不思議なことにAIによる囲碁は人間の定石を覆すような手をどんどん打ってくるのです。囲碁は将棋と比べて圧倒的に自由度が高いために、AIが人間を凌駕するのには将棋よりも時間がかかるといわれていました。が、今では囲碁のトップ棋士が束になってもAIにはかなわないようになってしまいました。

個人的には囲碁や将棋などのボードゲームは何歳からでも始められ楽しむことは可能だと思います。昔だとなかなか対戦者に恵まれずに始めにくかったと思いますが、今はネット上でいくらでも対戦する機会がありますし、CPU相手に気を遣わずに自分の力を磨くことができます。

将棋もそうですが、今やネットを通じて国際化が進んでいます。世界中の愛好家と対戦できるわけですから夢も広がりますね。是非囲碁を通じて脳筋を鍛えていきましょう。

This entry was posted in 認知症. Bookmark the permalink.