靴底の”減り”からわかる歩き方の癖

前回、歩行寿命を延ばすことが健康寿命を延ばすという話(健康寿命を決める歩行寿命)をしましたが、今回もその続きです。先月の週刊現代の『歩行寿命を延ばす正しい歩き方』特集から一部を紹介します。

歩行寿命を延ばすためには普段から正しい姿勢/歩き方を実践しないといけませんが、そのためには普段の自分の歩き方の癖をある程度把握しておく必要があります。けれども、なかなか自分の歩き方を客観的に把握するというのは難しいですよね。

姿勢が悪いと体のどこかに負荷が来て故障の原因になりますし、そうなると歩けば歩くほど故障の原因を作ってしまうことになります。一旦故障してしまうとその間は休まなければいけなくなりますし、そうなるとまたゼロから始めなくてはならず非効率的です。

ここでは靴裏をみることで、自分の歩き方の癖を客観的に把握してもらいたいと思います。

【正しい減り方】

それでは最初に正しい姿勢で歩いている人の靴底の減り方を見てみましょう。正しく歩いている人は、まずかかとから着地して、親指側のつま先でけりだすという一連の歩行動作を行っています。なので靴底はつま先の部分と、かかとは中心から外側に向けて減ることになります。これが基本になります。

【つま先だけ】

次のタイプはつま先だけ靴底が減っているタイプです。こういう減り方をする人は骨盤が前傾していてお尻が後ろに突き出ている歩き方をしています。下腹がでていて体重が多く、腰痛や背中通に苦しんでいる方が多いです。

こういう方はつんのめりやすく、転倒しやすいので注意が必要です。どうしてこういう歩き方になるかというと腹筋と大殿筋(おしり)の筋肉が弱いからです。

【指の付け根だけ】

次に指の付け根当たりだけが減っている人がいます。このタイプの歩き方は足を引きずるような感じになり、靴のサイズが合ってない場合にもこのような減り方をします。若い人より高齢者に多くみられるタイプです。

【かかとだけ】

次にかかとだけ減るタイプです。このタイプの人には猫背の人が多いです。骨盤が後傾して猫背になっているので、つま先でのけりだしがうまくいかずかかとで着地するタイプです。足を前に降りだすような歩き方になっているタイプです。

ショルダーバックが落ちやすいとか肩こりが慢性化していると感じている人は靴底もチェックしてください。背筋や大胸筋が弱くて猫背になっているとこういう歩き方になりやすくなります。

【外側だけ】

次に靴底が外側だけ減っているタイプです。普段からがにまた気味で、歩いていると横揺れするタイプです。股関節が固く内転筋が弱いと外側に重心がかかって、靴底の外側が減りやすくなります。このためひざや関節に負担がかかり、故障しやすくなります。

【内側だけ】

次に今度は逆に内側だけ減っているタイプです。いわゆる内またになっている人に多いタイプです。外側だけ減る人と同様に重心が内側に偏っているために、ひざや関節に負担がかかり故障しやすくなります。

This entry was posted in 運動, 生活習慣. Bookmark the permalink.