O157と感染経路

O157による感染がニュースになっています。O157というのは病原性大腸菌のことで、特定の疾患を引き起こす可能性のある大腸菌の1種です。特にO157は腸管の粘膜を傷つけて出血させるというので危険な大腸菌とされています。

O157がニュースになるのは患者さんが重篤な状態になったり死亡したりした場合ですが、実は毎年3000人近くの人が感染しているといいます。そのたびに感染源の特定が大事になってきますが、なかなか特定するのは難しいことも多いです。

ほとんどの場合は食材そのものに問題があったり、調理する過程で大腸菌に汚染されたりすることもあります。このようにO157についてはその感染源が常に問題となるのですが、今新たに気を付けるべきは実は身の回りにあります。それはスマートフォンや携帯電話です。

みなさんはトイレに行かれた時にスマホをのぞくことはありませんか。このような習慣が常習化していると、トイレを出た後手を洗ってもスマホにはそのまま菌がついたままになっていることになります。スマホに付着した菌が感染源になっているのかどうか、まだ科学的な分析が行われたわけではありませんが、ひとつのありうる感染経路として頭に入れておいてもいいかもしれません。

またトイレというと、最近は送風で水気を飛ばすジェットタオル式のものが増えていますね。あれは紙の消費を抑えますし、そのゴミ捨ての手間もはぶけるのですばらしい発明なのですが、風で水気を飛ばすと手についていたウイルスや菌も同時に周辺に飛ばしてしまうので、それが感染源になっているのではないかという研究もあります。

スマホというのはもちろん機械ですので、なかなか”洗う”ことがありません。防水用の携帯であれば、そのまま水洗いをしてタオルでふくでいいのですが、スマホの防水性は高くありません。やはりウェットティッシュなどでこまめにふき取るように習慣づけしておきましょう。

スマホというと四六時中さわっているものですから、どうしても指の皮脂がつきます。皮脂は細菌の好物ですからそこから繁殖し始めるのです。

ですのでやはりスマホをトイレに持ち込んだりするのは控えたほうがいいと思いますし、最近はお風呂の中でも防水用の携帯を持ち込んだりする人もいるそうですが、湿気や水分はやはり細菌を繁殖させる原因になるので好ましくありません。

スマホは現代生活の中心におどりでましたが、それによる弊害もでてきています。スマホの小さな画面をのぞき込むことによる首への負担、また眼精疲労なども代表的なものでしょう。最近では”スマホ・サム”とよばれる手首の疾患も注目されるようになっています。

現代生活は次から次に便利な発明品がでてくるので、その利便性に溺れてしまいがちですが、その副作用というのも意外な形ででてきます。だからといってスマホを毎回吹かなくてはならないとかそこまで神経質になる必要はありませんが、ある程度の余裕を持ちながら対応していってほしいと思います。

This entry was posted in 生活習慣. Bookmark the permalink.