自覚症状のない水虫感染

水虫というと足の裏がかゆくなってから疑いだす人がほとんどではないでしょうか。でも実はかゆみがなくても水虫に感染している人は大勢いるのです。

なぜ水虫によってかゆみが発生するかというと、まず水虫菌は足の裏の角質層に侵入してそこに居座ります。そこからさらに皮膚の内膜に侵入しようとすると、免疫細胞が働き出して水虫菌を攻撃しようとします。それが炎症とかゆみを引き起こす原因となるわけです。

しかしそのかゆみが起こるかどうかは個人差があります。免疫細胞が働くかどうかも個人差がありますし、水虫菌が角質内に留まってくれるかどうかにも関係してきます。ですのでかゆみがなくても水虫菌は存在することがあるのです。

水虫菌が角質層を好むのは角質が菌の栄養分だからです。人間の髪や爪、皮膚の表面などはケラチンと呼ばれるたんぱく質でできているのですが、水虫菌にはこれが好物なのです。

それでは自覚症状がない場合、どうやって水虫菌の存在に気が付くのでしょうか。一番簡単なのはお医者さんに診てもらうことです。が、その前にいくつかの典型的な症状があります。まずよく知られているのはかかとの角質層が荒れて白く粉がふいているような状態です。

次に足指の間にふやけたような赤みがかったジュクジュクした状態になっていたり、逆に皮膚が破れて乾燥しているような状態になっている場合です。これらの症状は目で見て確認するだけですので簡単ですね。

水虫が発生しやすいのはやはりご家族と同居している場合です。その場合飛躍的に水虫菌の感染率が高まります。もしご家族の誰かが水虫に感染しているとしたら、ほかの家族の人にも感染している確率は非常に高くなります。

それでは水虫に感染しないための予防策ですが、まずなによりもお部屋をこまめに掃除することです。水虫菌は最初に言いましたようにケラチンとよばれるたんぱく質を好みます。部屋にこのケラチンでできている髪の毛や爪、皮膚片が落ちていたりするとその中に菌が存在している可能性が高くなります。

ですのでしっかりと部屋に掃除機をかけて、フローリングなら拭き掃除をすることが感染しないための予防法になります。

水虫菌は皆さんが思っているほど感染力があるわけではありませんが、生命力の高い菌です。なのですぐには感染しなくても、お風呂や台所のシートや床やたたみに隠れて感染する機会をうかがっているのです。なのでシートなどもよく洗濯して乾燥機にかけてほしいですね。

This entry was posted in 生活習慣. Bookmark the permalink.