今なぜ第3次豆乳ブームなの?

豆乳というと最近はコンビニでも必ず売られていて、すっかり市民権を得た飲料になりましたが、実は今は第3次豆乳ブームにあたり、これまでに2回ほど豆乳ブームと呼ばれるブームがありました。

一度目のブームでは原材料である大豆の品質が今ほど高くなくてばらつきもあり、また製造工程が今より時間のかかるものであったためせっかくの豆が酸化してしまい、それが独特の”臭み”につながって、消費者からは最終的には避けられる要因になっていました。

しかしメーカー側も製造工程を見直して、酸化を防いで飲みやすくしたために、第2次豆乳につながりました。

さらにそれまでは砂糖や塩などの調味料を足さずに基本大豆と水だけでできている無調整豆乳しかなかったのですが、それに砂糖や塩などを加えて味を調えて飲みやすくした調整豆乳を開発して第2次豆乳ブームに火をつけたのでした。

そして現在のブームの火付け役となったのは豆乳飲料です。豆乳飲料というのは調整豆乳にコーヒー味やレモン味など甘味をたして飲みやすくした飲料のことです。豆乳特有の臭みを徹底的に消してお子さんでも飲みやすくしたもので、これが第3次豆乳ブームを牽引するヒット商品になっています。

正直この分野ではキッコーマンが独走している状態です。今ではキッコーマンが出している豆乳飲料の種類は44種類もあるといいます。

最近の豆乳が好まれだした要因としてはほかに、やはり生活習慣病が意識されだして、牛乳のカロリーと脂肪分の多さが気になりだしたということだと思います。牛乳のカロリーは豆乳の倍ぐらいあります。つまり牛乳の代替飲料として好まれるようになってきたということです。

また女性ホルモンと同じような働きをするといわれ美容によいとされる大豆イソフラボンの効果が認められて、女性にも人気が出だしたこともあるでしょう。

とはいえ牛乳が悪で豆乳が善であるということではないです。以前にも記事(ランニング前に欠かせない牛乳と豆乳)にしていますが、それぞれの得意分野があるということです。特に骨粗しょう症のお年寄りにはカルシウムが豊富に含まれている牛乳をお勧めします。

ただし豆乳はカルシウム量自体は牛乳よりも少ないのですが、カルシウムの吸収を促すマグネシウムも同時に含まれていますので、オールインワンなところがあります。

豆乳は牛乳の代替製品というよりは補完商品です。ですのでバランスよく両方の飲料を摂取したいですね。

This entry was posted in 食事, ダイエット. Bookmark the permalink.