四十肩五十肩に悩んだときは

”四十肩””五十肩”といわれる症状があります。名前の通り、この年齢ぐらいに差し掛かると肩周りに違和感を感じることがあり、可動域が狭くなってきて無理に回そうとすると痛みが走る時があります。

考えられる原因は肩周りの健、関節が経年劣化によって固くなって炎症とされています。医学的に正式な名称は「肩関節周囲炎」です。ここでいう関節というのは正確には関節滑膜(かつまく)とよばれる関節を包んで切る関節包の一部のことです。

四十肩や五十肩というと、いわゆるひどい肩こりと勘違いすることが多いのですが、肩こりが血行不良や悪い姿勢からくる筋肉の疲労からくるのに対して、五十肩は肩回りの健や関節の炎症です。肩こりがだるさを感じるのに対して、五十肩はこわばった感じや痛みを感じます。

また肩関節炎は経年劣化もありますが、もちろん日頃の運動不足も関係しています。方が動かしにくい、後ろに手をやったり上げにくくなったりして来たら、運動不足のサインです。予防的な無理のないストレッチをはじめてみましょう。

それでも重症化したり、炎症が進んでしまったらどう対応すべきでしょうか。肩関節周囲炎は重症の場合は手術が必要になることもありますが、しばらく安静にして炎症が収まった後は基本は運動療法になります。

炎症を起こして痛みがある場合は安静にしておきます。痛みが走ってから炎症が完全に収まるまで程度にもよりますが、1年ほどかかるといわれていますので、その間は無理せず安静にしておきましょう。痛みが治まって大丈夫だと判断で来たら、負荷の少ないストレッチを始めましょう。

そしてストレッチ程度で余裕がでてきたら、日ごろからスポーツを楽しんで、肩回りの可動域を広げる運動をしていきたいですね。

今は昔ほど道端でキャッチボールするシーンもなくなりましたが、キャッチボールは肩の可動域を広げる運動としては最適です。利き腕でボールを投げますのでもちろん肩の可動域を広げる運動として最適なのですが、ボールをキャッチする側も十分に肩の運動になります。

また水泳も有効です。泳ぐ際には必ず肩を使って腕を回すので肩の可動域を広げる運動になります。水泳は全身運動ですから、特にお勧めしたいですね。筋力トレーニングも有効です。

運動が難しいと思われるなら、デスクワークの合間にも肩をやわらかく回してあげる習慣を身につけましょう。それだけでも有効な予防になります。

This entry was posted in 運動, 生活習慣. Bookmark the permalink.