”アクティブレスト”のすすめ

GWが終わって、リフレッシュして仕事や学業に打ち込んでいる方が多いと思いますが、同時にあれだけ休んだのに、体がなんだか重くて疲れが取れないという方もいらっしゃると思います。

休息の方法には大きく分けて2種類の方法があるといいます。一つは”パッシブ・レスト”であり、もう一つは”アクティブ・レスト”です。

パッシブは”受け身”、つまり体を動かさずにだらだらとベットの上で時間を過ごすような休息の仕方です。

これに対してアクティブ・レストはその名のとおり活発な休息法です。休日でもある程度軽い負荷で運動をすることで体をリフレッシュさせる休息法です。

だるくて外にでかけたくない日でも、思い切って外に出かけてみると、あの気持ちはなんだったんだというぐらい爽快な気持ちになることってありますよね。自分の場合もサイクリングでペダルをこぎだした瞬間に気分は爽快になります。

現代人の疲労の特徴は、デスクワークなどが中心で精神的なストレスが多く、肉体的な疲労感はそれほどでもないというアンバランスな状態のままというのがあげられます。そういった場合、とにかく体を休めようとしても体自体は疲れていないので、疲れの原因は除去されないということになります。

体が疲れていないまま日中からだらだら過ごしてしまうと、休日の夜に寝付けなくなったりして、体内時計がくるってしまう可能性もありますし、またそれ自体がストレスになってしいまいます。

おすすめはストレッチやウオーキング、サイクリングなどの軽めの有酸素運動です。軽めの有酸素運動は心肺機能を上昇させて血流や循環器系の働きをよくしてくれます。

また今のように日中の気持ちのいい季節ですと日光にあたることでセロトニンの分泌が促され、それが幸福感をもたらしてくれます。

また汗をかくことで、交感神経が高まりますが、そのあと休息することで今度はリラックスさせてくれる神経である副交感神経の働きが活発化するのです。

アスリートは休みの日でも全く運動をしないということはありません。休日でもある程度の軽い負荷で体を動かすことで、次の日のトレーニングでもスムーズに入っていけることが経験的に知られています。休日を完全に休んでしまうと、そこからのリカバリーに手間取り、元の状態に戻すまで長い時間かかってしまいます。

一日中寝ていても疲れが取れないというお悩みの方は一度思い切って体を動かす休息法を試してみてほしいと思います。夜も心地よい疲労感からぐっすり眠れて疲れがしっかりとれるかもしれません

This entry was posted in 運動, 生活習慣. Bookmark the permalink.