”冷や飯ダイエット”は本当に効果的!?

ご飯を冷やして食べるとダイエット効果がでるという冷ご飯ダイエットが注目されています。ことわざに「冷や飯を食う」という言葉がありますが、冷や飯は太りにくいというのは昔から経験則として知られていました。昔からボディービルダーの世界では、”冷えパスタ”というのが定番でした。パスタを冷蔵庫でしばらく冷やして食べると太りにくいとされていたのです。

なぜ炭水化物を冷やして食べるとダイエットに良いのでしょうか。それを理解するためのキーワードは「レジスタントスターチ」です。レジスタントスターチとは”消化されにくいでんぷん(難消化性でんぷん)”という意味であり、でんぷんが胃や小腸まででは消化されずに大腸まで到達する性質をもったでんぷんのことを言います。

普通の炭水化物を冷蔵庫でしばらく4~5度程度の温度で冷やすことで、炭水化物の20%程度を胃や小腸で吸収しにくいレジスタントスターチという物質に変化させることができるというわけです。

レジスタントスターチは食物繊維の一種です。レジスタントスターチの代表的な食材は”片栗粉”です。ご存知のように片栗粉は熱で温めることによって”とろみ”をつけてくれるので、おなかが自然と膨らむようになっています。それだけではなく、片栗粉は大腸に到達するまでに消化されにくいという性質をもっているので、片栗粉を使った料理を食べるとダイエット効果が期待できるというわけです。

実際レジスタントスターチを摂取するメリットはいくつかあります。まずカロリーの抑制です。大体通常のカロリーの半分になるといわれています。またレジスタントスターチは食物繊維なので空腹感が抑えられて、血糖値も上がりにくい低GI食材だということです。

ただしデメリットもあります。まず当たり前ですが、ごはんが冷めているのでおいしくないということです。おいしくないうえに、おなかを冷やしてしまう可能性があるので、胃腸の調子を落としてしまいます。

また確かに難消化性でんぷんのカロリー量は通常の半分程度ですが、そもそもわざわざパスタやご飯を冷やしてもレジスタントスターチの増加量(約20%程度)はわずかです。冷まして食べるぐらいなら、初めからレジスタントスターチが多く含まれている食材に置き換えて食べたほうが効率的といえますし、少し量を増やして食べてしまえば、冷まして食べる効果はなくなってしまいます。

実際レジスタントスターチをあまり含んでいない食材が炭水化物を多量に含んでいるパン類や白米、うどんなのです。ですのでこれらを冷やして食べるよりはもともとレジスタントスターチを多く含んでいる豆類やトウモロコシ、じゃがいもなどのイモ類を好んで食べたほうがよいと思います。先ほど述べた片栗粉はジャガイモから精製されるものです。

ボディビルダーの間でも冷えパスタと同時に重視されているのは、”全粒粉”のパスタを使用することです。全粒粉のパスタというのはあまり普通のスーパーでは売られていませんが、簡単に言うとパスタの玄米版です。普通のパスタは麦の表皮・胚芽を取り除き胚乳を使用します。これに対し全粒粉は、表皮・胚芽・胚乳を使用しているために食物繊維が豊富というわけです。このため低GI食品であり血糖値が上がりにくいのです。

これから暑い季節になりますので自然と食欲は落ちていきます。そんなときは冷ソーメンや冷麺などが欲しくなりますよね。夏に体重が減るのは夏バテによるカロリー摂取量の絶対的な低下と、自然と冷たいものを選んでしまうことでレジスタントスターチによる間接的な効果があるとおもいますが、あまり後者に効果に期待しないで、おなかを冷やさない程度に”冷たい”料理を楽しんでほしいと思います。

This entry was posted in 食事, ダイエット. Bookmark the permalink.