糖質ダイエットにむく甘味料

甘味料といってもいくつかの種類があります。ここではダイエットによい甘味料、よくない甘味料という観点から、甘味料を分類してみようと思います。まずダイエットにとって良い甘味料は人工甘味料です。

人工甘味料には「糖アルコール」と「合成甘味料」の2種類があります。糖アルコールとはアルコール基を持つもので、天然素材を原料とするものです。食品添加物としては、血中に完全には吸収されないため血糖値が上がりにくく、甘味があるために低糖甘味料として有用されているものです。代表的なものにはエリスリトール、キシリトール、ソルビトールなどがあります。

これに対して合成甘味料はその名のとおり、人為的に合成された甘味料です。糖アルコールの天然素材を原料とした甘味料に比べれば安価でよく使われている甘味料です。代表的なものは、スクラロース、アスパルテーム、ネオテームなどがあります。

それではこれら人工甘味料と比べて、摂取すると逆に血糖値を急激に上げてしまう糖質もあります。それが「異性化糖」です。異性化糖の原料はトウモロコシで、トウモロコシから作ったコーンシロップを”異性化”という化学的な操作によってブドウ糖と果糖に変えたものです。

この異性化糖の問題点は、先ほどの人工甘味料とは対照的に、血中にスムーズに吸収されてしまうので、血糖値が急激に上がってしまうという性質にあります。果糖は本来は果物に含まれている糖で、果物の食物繊維と一緒に召し上がるとそこまで血糖値を上げるものではないのですが、トウモロコシから抽出され純化した糖は血糖値を乱高下させてしまうのです。

異性化糖は低温になるほど甘味が増すという性質があり、アイスや清涼飲料水によく使われる甘味料なので、意識しないでぐびぐび飲んでしまうと、食後血糖値を急激に上げてしまうことになります。

このように甘味料といってもダイエットによい甘味料と、血糖値を急激に上げてしまう甘味料の2種類があります。ですので例えばのどが渇いて自動販売機で清涼飲料水を飲むときも、甘味料に何が入っているのかを確認してみるのも大切です。

ただし人工甘味料については、とりすぎるとかえって肥満を促す効果があるともいわれています。ここら辺の研究については正直一長一短があり、結論が決定的なものというわけではありませんが、甘味料に限らずなんでも特定のものを過剰摂取すれば体に害がでます。ですので、ダイエットにいいからと言って必要以上に人工甘味料の食べ物や飲料水を摂取するのはお勧めできません。

This entry was posted in 食事, ダイエット. Bookmark the permalink.