自覚症状が出にくい緑内障に対応するためには

目の病気のうちで緑内障は怖い部類にはいります。といいますのは自覚症状が出にくい症状なのですが、自覚症状がでた段階ではかなり症状が進んでおり、その間に失われた視神経が元に戻ることはないからです。

週刊文春が緑内障と白内障など目の疾患についての対策について特集「緑内障 白内障・・・「目の疾患」完全対策」していますので、その一部を紹介したいと思います。

自覚症状が出にくい理由として、東大宮メディカルセンターの平松類先生があげるのは、視野が欠けてきてもしばらくの間は脳がその不足を補ってくれるからです。これが目の異常について早期発見が遅れてしまう原因だといいます。

緑内障とは簡単に言えば、年齢とともに眼球が固くなって視神経が圧迫される病気です。眼球にはその中を循環する「房水」と呼ばれる液体が内から外に膨張することで、眼球の球体を保っているのですが、この圧力が何らかの理由で強くなり、眼球自体が膨らんできて周りの視神経を圧迫するのです。

緑内障が深刻なのはその失われた視神経の機能は二度と回復しないということです。視野に異常を感じるほど症状が進んだ時点で3割程度の視野が失われているといいます。

それでは初期症状がでにくい緑内障についてどのような対策をとればよいのでしょうか。それは「眼底検査」です。特に40歳台になると数年に一回、目の不調を感じる人は一年単位で眼底検査を受けることをお勧めします。

眼底検査を受けて、「視神経乳頭陥凹拡大」と記入された場合は要注意です。これは緑内障の疑いありということを表しているからです。

さてそんな怖い緑内障ですが、雑誌でも勧められている緑内障予防の食べ物があります。それが果物の「カシス」です。理由はカシスに含まれるアントシアニンという物質が抗酸化作用を持っており、血流を改善してくれる作用があるからです。

ちなみに目の健康によいとされるブルーベリーについてはその効果は医学的には確認されていないとのことでした。雑誌ではこのほか白内障や黄斑変性などについても詳しく書かれていますので、関心を持たれた方はぜひ手に取ってほしいと思います。

This entry was posted in その他. Bookmark the permalink.