七分咲きの月ケ瀬梅林

いよいよ梅の季節になりましたね。それが終わるころには桜の季節がやってきます。ところで現代の日本では、人気の点でやはり梅より桜のほうに軍配があがるのではないでしょうか。

しかし歴史をみてみると、日本人は古来から桜よりも梅のほうを愛でてきたことが分かります。梅は平安貴族の公家たちによく歌われています。万葉集にうたわれた梅の句の数は桜のそれの倍以上と言われています。

梅を特に愛した古来の偉人としては、菅原道真が有名ですね。道真が中央政界での権力闘争に敗れて九州は大宰府に左遷されるときに、梅の木に向かって詠んだ句は有名ですね。

”こち吹かば 匂いおこせよ梅の花 あるじなしとて春をわするな”

梅を愛した道真ですが、梅と梅の文化を中国から運んできた遣唐使を廃止したのがその道真だったことは、歴史上の皮肉かもしれません。遣唐使が廃止されて国内文化が花開くと、桜のほうに人気が移っていきます。平安時代になると、古今和歌集で歌われる桜の句は、梅の句の数を圧倒的に引き離してしまいます。

関西の梅の名所といえば、京都の北野天満宮、和歌山の南部梅林、奈良の月ヶ瀬梅林、そして大阪城公園の梅林でしょうか。実は戦前まで関西の梅のメッカといえば、阪急沿線の岡本でした。

「梅は岡本、桜は吉野、みかん紀の国、栗丹波」とうたわれてました。今は岡本が梅林のメッカだったことを知る人は少ないかもしれません。戦前は阪神電車がわざわざ停留所を設けるほど、観梅は岡本の年中行事でした。

「梅は岡本、桜は生田、松のよいのが湊川」と詠われたこともあります。しかし、昭和13年(1938年)の阪神大水害により周辺の山が崩れ梅林の大半が失われてしまい、残った梅の木も神戸大空襲で焼失してしまったのです。

堺の近くで梅が有名なのは「桜餅」でも有名な藤井寺にある、道明寺に”隣接”している「道明寺天満宮」の梅園ですね。この道明寺天満宮は、やはり菅原道真公を祀っている神社なのです。

そういうわけで奈良の月ヶ瀬に梅を見に行ってきました。今は大体6分咲き程度でしょうか。それでも梅の花が咲き乱れて、観光客も多くて賑わっていました。月ヶ瀬というと「関西の北海道」と呼ばれるほど寒冷な地域なのですが、梅のほかに、お茶、そば、いもなどの名産品でも有名です。

おそらく来週末あたりが最盛期だとおもいますので、少し遠いですが、大阪から車でも電車でも1時間ちょっと程度なのでお出かけください。

This entry was posted in その他. Bookmark the permalink.