自律神経の回復にビタミンB12

自律神経というのは体の神経をコントロールしてくれる機能を持っていますが、前回も述べましたように年齢とともにその機能も低下していきます。自律神経の機能が悪くなると、例えば慢性疲労、うつ病、神経障害、貧血、冷え性などの症状に結びついてしまいます。

そこで前回は太い血管と、交感神経と副交感神経が集中する首筋を温めることをお勧めしましたが、今回は自律神経の回復を促してくれる食べ物の話です。自律神経の回復を促してくれる物質はビタミンB12を置いてほかにないといわれており、このビタミンは別名「神経ビタミン」とも呼ばれています。

ビタミンB12はよくある食材に含まれていますので、意識しないうちに摂取できているかもしれません。例えば納豆やヨーグルトなどの発酵食品によく含まれていますし、さばやさんまなどの青魚、あさり、いくら、ほたてなど貝類にもよく含まれています。このほかレバーやたらこ、豚肉、牛肉などからも摂取できます。

また効率的に摂取するには食べ合わせも大切です。ネギやニラ、玉ねぎ、にんにくなど、鎮静効果のある硫化アリルを含んだ食材はビタミンB12の吸収を助けます。なので納豆にネギ、アサリ汁にたまねぎ、レバーにニラのレバニラ炒めなどは効果的な食べ合わせ料理になります。

ビタミンB12は更年期を過ぎた女性に特におすすめです。貧血や冷え性にお悩みの女性にとって、ビタミンB12は症状を緩和させてくれる大切な栄養素です。B12は葉酸と協力して赤血球中のヘモグロビンの生成を助けてくれるからです。

また妊娠中や授乳時期の女性も不足がちの栄養素なので、サプリメントでもよいので摂取してほしいと思います。

ビタミンB12の良さは、これはビタミン全般にも言えますが、過剰に摂取しても、余計なものは尿や汗から体外に排出されますのでほとんど問題にならないことです。

B12はバランスの良い食事を心がけていれば自然と摂取できる栄養素なので、これが不足しがちだということは逆に偏った食事をしていることになります。特にベジタリアンの方は不足しがちなので注意して摂取してほしいと思います。

This entry was posted in 食事, 生活習慣. Bookmark the permalink.