喫茶:淹れる、煎れる、点てる、の違い

PC上で”いれる”と入力すると”入れる”、”淹れる”、”煎れる”がでてきます。それぞれお茶に関する文字なのですが、違いが判りますでしょうか。

もともとお茶は”煎れる”ものでした。つまりお茶は「煎(せん)じて飲む」ものだったのです。今でも麦茶などはやかんに麦茶葉をいれて、沸かして煮出して飲むものですよね。茶葉を煮出すことで、その成分を液体に抽出することが”煎じる”です。

これが煎じて飲むお茶の始まりです。漢方薬なども煎じて飲むといいますが、日本にお茶が伝わったのは奈良平安時代だといわれています。留学僧や遣唐使に派遣された留学生たちが持ち帰ったといわれています。

『日本後記』には、「嵯峨天皇に大僧都(だいそうず)永忠が近江の梵釈寺において茶を煎じて奉った」とあり、お茶に関して日本で初めて記述されたものだと言われています。

これが江戸時代になると、現在のような茶葉をお湯に浸すことで浸出液を味わう形式の喫茶法に代わっていきます。中国の明王朝においてこのような淹茶(えんちゃ)文化が生まれ、日本には禅僧の隠元が持ち帰ったといいます。

近年、どちらの喫茶法についても常用漢字の「入れる」が当て字されるようになりましたが、今でもお茶の世界では煎茶と淹茶を分けて考えています。

また、もうひとつお茶を”点(た)てる”という言葉もありますよね。これは抹茶を茶筅(ちゃせん)でかき回して泡立てることをいいます。抹茶を点てる手順を点前(てまえ)といい、主人に点ててもらった抹茶を客人が飲み干すと、「良いお点前でした」とお礼をいいます。

”点”という字をあてるのは、抹茶がほかのお茶と大きく違う点があるからです。それは抹茶は茶葉を粉末状にして茶葉自体を直接飲むということです。先ほど述べたようにほかのお茶が煮出したり、浸したりしてそのエキスのみを味わうこととは違うわけです。

このように何らかの茶葉を薬研(やげん)などですりつぶして、茶葉そのものを口に入れる方法は、中国は宋の時代に開発されたのです。もともとは禅僧が眠気覚ましに飲んだのでこの方法が広がりました。この喫茶法を広めたのは鎌倉時代の禅僧の栄西です。

このようにお茶の飲み方が多様であるために、同じ入れるであってもその当て字は違ってきたというわけです。普段何気なく飲んでいるお茶ですが、時代を経てそのような文化が続いてきたことに思いをはせてみてはいかがでしょうか。

This entry was posted in 食事, 生活習慣. Bookmark the permalink.