皮まで食べられるキンカンの健康効果

キンカンというと昔から日本人にもなじみの深い柑橘類の果物ですが、もともとは中国の長江原産のものです。諸説ありますが、日本には江戸時代に遠州灘で遭難した清の商船が清水港で地元の人にキンカンの甘露煮をプレゼントしたところ、その中の種から育って日本中に広がったといわれています。

キンカンには昔から薬効があるとされ、特に風邪の際ののどの痛みに聞くといわれてきました。”金柑飴”などは今でも喉薬としてよく売られています。

また”キンカン”という名前の家庭用治療薬のイメージも影響しているかもしれません。薬のほうのキンカンは「金冠堂」の「金冠」から来たもので火傷用治療薬ですね。そしてその成分はアロエです。

キンカンがほかの果実類と違う大きな特徴は、皮のまま食べれるということですね。皮の部分を甘露煮して砂糖をまぶしてドライフルーツとして食べる習慣は日本でもあります。ドライフルーツにしてしまえば年間を通して食べられるのでお勧めです。

ほかの果実も食べようと思えば食べれますが、渋みや苦みが強いので普通の人は食べません。ただしどの果実であっても皮の部分に一番栄養が詰まっているというのは事実です。キンカンの皮はほんの少し苦みがありますが、気にならない程度なので食べられるのです。

キンカンの皮には聞きなれないビタミンですが、”ビタミンP”と呼ばれる”へスぺリジン”が含まれています。この成分には血流の改善、血管の強化、コレステロール値の改善、脳卒中の抑止、抗ガン化作用などがあります。

キンカンにはビタミンとカルシウムが豊富に含まれています。特にビタミンAは粘膜をつくる原料になるので、のどの粘膜を強化してくれて風邪などを引きにくくしてくれるのです。風邪をひいてもビタミンCが含まれていますので、白血球を活性化して免疫力を上げてくれます。

キンカンはお風呂に浮かべても効果的ですよね。キンカンには冷え性を改善してくれる効果があるからですが、それ以上に香りがよいのでお湯に浮かべることでより長くつかることになり、それが結果的に身体を芯まで温めてくれるというわけです。

宮崎では昔からキンカンは妊婦さんによく食べられているようです。妊婦さんはお薬を安易に飲むことはできないので、キンカンの免疫力アップの効果が好まれるからです。

ここ最近本当に寒い日が続いていますが、キンカンの免疫力に期待して食してみましょう。お風呂に入れて楽しんでもよいでしょう。

This entry was posted in 食事. Bookmark the permalink.