漬物で摂れる乳酸菌

乳酸菌というと現代の日本人はヨーグルトやチーズなどを思い浮かべると思います。これはCMなどメディアの影響が大きいのですが、しかし、日本人はヨーグルトが輸入される前の昔から乳酸菌を大量に摂取してきました。それは”漬物”や”味噌”です。

そもそも乳酸菌とはその名のとおり、乳酸を大量に生み出す菌のことです。乳酸を作り出し、発酵を促す性質を持った菌はすべて乳酸菌とよばれます。

例えば漬物に含まれる乳酸菌には、リューコノストック・メセンテロイデス菌、ラクトバチルス・ブレビス菌など、長ったらしくてとても覚えておれないものがたくさんあります。

さてこれら漬物やみそなど、植物に生息している乳酸菌を植物性乳酸菌と呼びます。これに対してヨーグルトやチーズなどに含まれる動物性の乳酸菌もあります。

2つの乳酸菌の違いはその強さにあるといわれていますが、科学的にははっきりしていません。ある説では植物性乳酸菌には酸性に耐性があり、腸まで生きたまま届くいたり、また塩分にも強いといわれています。

ただしだからといって植物性よりも動物性が優れているとは一概には言えず、その区別に関しては特に意味を持たないともいわれていますのでお気になさらないでもいいと思います。乳酸菌の研究もまだ途上にあり、まだまだ未解明のことも多いですので、そこまで神経質に考えなくてもいいかもしれません。

大切なことは動物性であれ植物性であれ、乳酸菌を継続して摂取することで腸内環境が改善され、様々な健康効果が期待されるということです。免疫力のアップ、便秘改善、大腸がん胃がんの予防、高血圧の予防、肌荒れの改善、アトピー皮膚炎や喘息症状の抑制などです。

乳酸菌をチーズやヨーグルトからのみ取るのではなく、みそや漬物などからも摂取できる日本人は欧米人よりも恵まれているといえます。多種多様な食品から乳酸菌をとって、腸内環境を良くしていきましょう。

そして日本人が昔から好んで食べてきた納豆も乳酸菌を増やすのに効果的なのです。というのは納豆に含まれる納豆菌と乳酸菌は非常に相性がよいといわれているからです。納豆菌が産出する代謝物が乳酸菌を増殖させる栄養になってくれるのです。ですので納豆を漬物やみそ汁と一緒に召し上がることは乳酸菌を増やすうえで非常に効果的なのです。

ただしいくつかの工夫が必要です。まずある程度の期間継続して同じ乳酸菌を摂取すること。そして食事の終わり頃に摂取することなどです。朝食で野菜やトーストを食べた後にヨーグルトを食べる、晩御飯では食事の最後にご飯を漬物と一緒に召し上がるなどです。

乳酸菌というとヨーグルトやチーズだと思う現代の日本人にとって、漬物の存在は古き良き日本食の奥深さを気付かせてくれると思います。

This entry was posted in 食事. Bookmark the permalink.