食事介助の際に役に立つ食器類

itemimage

口から食べやすくするために工夫された小道具は、介助が必要とされる高齢者のみならず介助者にとっても大変役に立ちます。いわゆる介護用食器とか安全衛生保護具と呼ばれるものです。ここではそのいくつかを紹介したいと思います。

ヒトはコップで水を飲む際には、微妙に頭を後ろに傾けています。首や頭に障害があると、この首の後継動作がうまくいかずに最後まで飲み干せないということがあります。そこでお勧めしたいのが、飲んだ時に鼻先の部分が引っかからないようにそこの部分だけカットしているカップです。

いろいろな言い方で商品化されていますが、”ノーズフィット・カップ”や”Uコップ”などの商品名で知られています。これだと首を傾けることなく最後まで飲み干すことができます。

また握力が弱くて通常のお箸だとつかみにくい方には、例えばトング式のお箸が開発されています。トング式なので箸の一方がつながった作りになっています。また柄の部分が好みの形状に曲げられるスプーンやフォークも販売されていますので、お試しになってほしいと思います。名称は”グッドグリップス”や”曲げ曲げハンドル”などですが、たくさん種類がありますのでいろいろ検討してほしいと思います。

e001-e0267_1

握力が弱まったからと言って箸を使わないでいると、ますます弱くなってしまいますので、こういった道具をうまく使ってできるだけ通常と同じ食生活をしてほしいものです。

また握力が弱くても、持ちやすくこぼしにくい取っ手のついたマグカップや丼なども販売されています。これらの商品は底が広くて平たくなっていますし、取っ手の部分はテーブルに接面するように設定されていますので、倒してこぼすようなことが起こりにくくなっています。

10-293_i

また箸ではなくスプーン主体になって食事をする際には、それを補助してくれる専用のお皿も開発されています。ヘリが広く、スプーンでも隅を使ってうまく救い上げることのできる形状になっています。使用者が目でも楽しめるように好みの柄の皿を探してほしいですね。

105376

いろいろチェックしていくと、赤ちゃんや幼児が使えるように開発された道具とかなり重なっているように思います。違いは大きさだとか絵柄だとかです。いずれも落としても大丈夫なようにプラスティック製のものが多く、軽くてそれほど高価なものでもないので、いくつか試してみてお好みの製品を見つけてほしいと思います。

This entry was posted in 食事, 介護. Bookmark the permalink.