エスプレッソが世界に広まった理由

48776793

”エスプレッソ”というとコーヒー愛好家以外にはあまり好まれない飲み物だと思います。深煎りの濃くて苦いコーヒーが凝縮した飲み物を砂糖を大量に入れて一気に飲むというエスプレッソは日本人の間ではそれほど好まれる飲み物ではないようです。とはいえそのエスプレッソにミルクを加えたカフェラテやカプチーノは日本人の間でも大人気ですよね。

”エクスプレス”という急行を意味する言葉があるように、エスプレッソはの語源についても「急行、急速」を意味するという説と「特別に、あなたのために」を意味するという説があります。この場合の急速とはコーヒーの抽出スピードのことです。

イタリアの飲み物でエスプレッソマシーンも大体はイタリア製です。ラマルコ、パボーニ、マルゾッコ、シモネリなどすべてイタリア名ですね。家電製品というとイタリア製は存在感は全くないですが、ことエスプレッソマシーンなどではイタリア製が圧倒的なのです。

そもそもエスプレッソなどという飲み方が生まれたのはなぜでしょうか。それには実はナポレオンが関係しているのです。

1806年にナポレオンがイギリスをやっつけようとして大陸封鎖令をだし、フランスの植民地からの輸出を規制しました。このためコーヒー豆が手に入らなくなったイタリアのカフェはつぶれるところが出てきたのです。

そこで苦肉の策としてコーヒーカップの大きさを減らして3分の2にしていれるコーヒー豆の量も減らして作られたのがエスプレッソだといわれています。コーヒー豆の質も悪くなったので少ない量で砂糖を大量に入れて一気に飲み干すという形になったのです。これが小さなデミダス・カップの始まりです。

そのデミダスカップにできるだけ早くコーヒーを抽出しようとしてマシーンの開発が進みました。そしてエスプレッソという言葉もマシーンの登場とともに生まれたのです。それからはマシーンの小型化と簡便化が進むにつれてエスプレッソ文化もイタリア中に広まっていきました。

最近はそのエスプレッソマシーンでも全自動化のほうにメーカーは力を入れだしています。これは世界的なコーヒー熱の高まりによってイタリアのようなバリスタの人材が厚い国以外でも、おいしいエスプレッソを提供する必要が生じたことが一つの要因になっているようです。

そしてそのエスプレッソの世界化に大きく貢献したのがスターバックスの創始者であるハワード・シュワルツ氏です。彼はアメリカでもイタリア系移民の間のみで人気だったエスプレッソやそこから派生したカフェラテやカプチーノを世界中に波及させたのです。

イタリアというとエスプレッソなどの独自のカフェ文化のほかにはジェラートが有名ですよね。エスプレッソとジェラートを組み合わせたアフォガードがあるように、二つの関係は切ってもきれないものです。そのジェラートの製造マシーンもカルピジャーニというイタリアの企業が圧倒的なシェアを持っています。

それは日本の回転ずしのすし製造マシーンのほぼすべてが日本企業製であることと同じですね。そしてマシーンの進化とともに食文化も世界に波及していってるわけです。スターバックスでカフェラテをよく飲むという方も、今では安価な家庭用のマシーンが簡単に手に入るので、一度お家で作られることに挑戦してみるというのも趣味としてありかもしれません。お店と同等、もしくはそれ以上においしく召し上がることができると思います。

This entry was posted in 食事. Bookmark the permalink.