注目されているパクチーの解毒効果

cvgtl75viae1knd

パクチーといえば、主にベトナム料理で使われる食材です。今、そのパクチーの健康効果が注目されています。NHKの朝の情報番組「あさイチ」で特集されていたので紹介します。

パクチーの特徴はその解毒作用にあります。東南アジア諸国やアフリカ諸国では井戸水から水を運んで飲み水としているところが多いのですが、そういう水にはヒ素などの有害物質が含まれていることが多いのです。

そのため住民はそれらの健康被害に苦しんできたのですが、ベトナムでは比較的その健康被害が少ないことがわかってきたのです。そこで注目されているのがベトナム料理でよく使われているパクチーです。パクチーはもともと漢方薬としても重宝されてきたように、その効果は古来より理解されてきましたが、最近はそこに科学的な分析がなされてきています。

cvgyytjweauroea

例えばたばこにはナフトキノンと呼ばれる有機化合物が含まれています。これは車の排気ガスなどにも含まれていて、目や粘膜に刺激をあたえる有害性を持っています。パクチーはこの物質を体外に排出してくれる機能を持っているのです。

ほかには魚にはメチル水銀が含まれています。メチル水銀は海中のプランクトンによって無機水銀から作られます。プランクトンは小魚の餌になりますので、最終的には食物連鎖を伝いながらクジラなどの大型海中生物の体内に蓄積されていくのです。とはいえ人間が魚介類からとるメチル水銀は極微量のため人体に影響を及ぼすことはありませんが、それでも妊婦さんなどにはダメージがありますので注意が必要です。

cvgaooguaaavekt

またほうれん草類にはカドミウムが含まれています。カドミウムは亜鉛族に属する金属ですが、人体にとって有害性を持っています。有名なのはカドミウム中毒のイタイイタイ病ですね。パクチーはこれらの体内に蓄積された有害物質を排出してくれる機能を持っているのです。

それではパクチーはベトナム料理だけでしか食べれないかというと、今は色々なレシピが開発されて家庭料理にも応用されています。料理のポイントは根っこを利用することです。というのはほかの野菜でもそうなのですが、栄養分は根っこに一番多く含まれているからです。

This entry was posted in 食事. Bookmark the permalink.