血糖値をコントロールするコーヒーの飲み方

gahag-0009488078-1

血糖値の値が気になる方にとってスイーツは大敵ですね。スイーツをコーヒーと一緒に召し上がるという人も多いと思います。コーヒーの苦みがスイーツの甘さを引き立ててくれるからです。

コーヒーにはカフェインが含まれていますが、このカフェインには血糖値を下げる働きのあるミトコンドリアを活性化させるPGC1αというタンパク質が含まれています。このPGC1αというたんぱく質は、もともと筋肉のなかにも含まれているのですが、この量が少ないと糖尿病になりやすいという性質があります。

なのでコーヒーを飲むことでPGC1αを取り込むことで、糖尿になりにくくなるといわれています。またこのたんぱく質は運動をすると体内で増加するという性質があります。

実はカフェインには短期的に血糖値を下げてくれるインシュリンの分泌を抑える働きのあるアドレナリンの放出を抑制するという逆の効果もあります。したがって例えばケーキを食べて血糖値があがり、それに反応して膵臓からインシュリンが分泌されているときにコーヒーを飲むと、その分泌が抑制されて血糖値が上がってしまうという可能性はあります。

ですので食後血糖値が上がりやすい、いわゆる隠れ糖尿と呼ばれる人はコーヒーを飲むタイミングについて注意されたほうが良いと思います。できればスイーツを食べる場合は血糖値を抑える働きのあるポリフェノールを含む緑茶のほうをお勧めします。

糖尿予備軍の人で血糖値が気になる方は、コーヒーはできれば単独でブラックで飲むことをお勧めします。そうすることで長期的には血糖値が上がりにくい体質になると思います。実際、コーヒーを飲む人は糖尿病になりにくいという統計結果もあります。

This entry was posted in 食事. Bookmark the permalink.