胃もたれの別名、機能性ディスペプシア

images (15)

胃もたれや胸やけにはいろいろな理由があります。その一つが機能性ディスペシアです。

この病気は胃そのものは健康なのに、不調を感じるところに特徴があります。実際胃カメラで胃の中を見ても、胃の中が荒れているわけでもなくきれいな状態のことが多いのです。

かつては気のせいだとかいわれて、当事者にとってはやるせない思いをしていたわけですが、最近は原因が解明されて正式に病名となっているわけです。

機能性ディスペシアの原因は一つは胃の知覚過敏です。つまり胃が普段よりも刺激に対して過剰に反応しやすい状態になっているということです。胃に食べものがはいると胃酸が過剰に分泌したり、胃の内圧が上昇したりして飽満感が生じたりします。

このように胃酸が過多になる場合はプロトンポンプ阻害薬やH2受容体拮抗薬などを服用して分泌を抑えます。

胃のふくらみや蠕動運動などが不全の場合も機能性ディスペシアと判断されます。この場合はアコチアミドという特効薬があるのでそれを服用します。また漢方薬も有効です。六君子湯(りっくんしとう)という漢方薬は胃の機能を活発化させてくれる働きがあります。

機能性ディスペシアと似たような症状に逆流性食道炎というものがあります。これは胃酸が食道へと逆流することで、胃内部に炎症がおこることです。胃自体は胃を胃酸から守る胃粘膜があるので大丈夫なのですが、食道にはそのような防御壁がないので荒れてしまうのです。

逆流性食道炎の怖いところは、そのまま長い間ほおっておくと胃がんにつながるリスクがあることです。中高年世代で飲酒や喫煙をされる方は要注意です。胃の症状は全身の病気につながることもあり、単なる胃痛で終わらせないで受診しましょう。

This entry was posted in その他. Bookmark the permalink.