注意しなければいけない高血圧、原発性アルドステロン症

副腎

高血圧には複数の原因が重なり必ずしも原因が明確ではない「本態性高血圧」と、原因が特定されている「二次性高血圧」の二つに分かれます。

本態性は原因は不明なもののそれほど重篤な症状を及ぼさないタイプで、高血圧の大部分(9割)はこのタイプに属します。それ以外の1割程度の二次性高血圧は注意が必要です。特に「原発性アルドステロン症」と呼ばれる高血圧は重篤な症状を招く可能性があります。

アルドステロンというのは副腎から分泌されるホルモンのことです。副腎というのは左右の腎臓の上にある小さく地味な臓器ですが、様々なホルモンの分泌をつかさどる重要な臓器です。副腎については以前に記事(地味だけど、あなどれない副腎という臓器)にしましたので参考にしてください。

なぜこのホルモンが分泌されると高血圧になるのかといいますと、副腎に腫瘍などの異常があるとホルモンが過剰に分泌されます。アルドステロンはナトリウムを体内に蓄積する性質があり、血液中のナトリウムが過剰になると身体は血液中の水分を増やして濃度を調整しようとします。このため血管内の血流が水分によって増えて血圧が上昇するのです。

ではこのアルドステロンによって引き起こされる高血圧がなぜ注意が必要かというと、本態性の高血圧と比較して、脳卒中の発症リスクが約4倍、心筋梗塞が6倍、心房細動は12倍と、重篤な症状を招く危険性が非常に高いからです。

このアルドステロン症以外にも、重篤な結果を招いてしまうタイプの二次性高血圧があります。腎臓の病気を原因とした「腎性高血圧」、心肺機能の障害から生じる「血管性高血圧」、喘息やほかの病気の治療薬などから生じる「薬剤誘発性高血圧」などがあります。

いずれも生活習慣の改善などでよくならないために本態性と比較して心筋梗塞や脳卒中などを引き起こす可能性が高いので注意が必要です。

This entry was posted in その他. Bookmark the permalink.