虫歯はゆっくり、歯周病ははやく治しましょう

illust1261

以前は歯の健康というと虫歯を治すということが主眼でした。しかし最近は歯周病こそが歯の健康にとって大きな影響力をもっていることがわかってきました。今回も日本ヘルスケア歯科研究会が監修している冊子、「一生自分の歯で過ごすために」からの紹介です。

以前の歯科医の方針は、「虫歯は早く見つけて削って詰める、歯周病は放置する」というものでした。しかしこれでは年齢を重ねるにつれ口の状態は、歯周病が進み、歯も金属の歯がずらりというものとなってしまいます。

歯周病は日常的に歯茎の掃除をすれば進行をストップできます。歯茎から膿や痛みがでるようだとすでに重症なのです。ですのでまだ自覚症状がないときに歯茎の状態をチェックして、歯周病の兆候がないか探ることが大切です。

そして現在歯科医の指導方針は、「虫歯は控えめに処置して環境改善、歯周病は早期発見、定期管理」というものです。

虫歯を控えめに処置するというのはいまいちよくわからない表現かもしれません。実は虫歯は初期の段階であれば、口腔環境を改善することで外科的処置なく自然と治る可能性があるのです。現在虫歯になりかけの歯は要観察歯として虫歯除去の処置をとらないようになっています。そのような歯は削らなくても直すことが可能だからです。

要観察歯(CO)は歯垢(プラーク)がつくる酸によって囲まれて唾液の中にあるミネラル=栄養をとれない状況にあります。そのため歯の一部が白くにごっている状態になります。そのような歯を再生させるためにはプラークを除去し、歯が栄養を取れる状態にすることが必要になります。そのためにはプラークを除去するために適切な歯磨きが大切ですし、フッ素イオンの助けも必要になります。

大切なのは虫歯は初期であればすぐには削らないで、しっかりとした口腔内環境の改善を行うことで直すことが可能だということ、そして歯周病については初期段階から積極的な治療により根治を目指す必要があるということなのです。

そうすることで治療跡だらけの歯と、歯周病によって抜けてしまって歯が残り少なくなってしまったお口の中のような状態にならないようにすることができるのです。

This entry was posted in その他. Bookmark the permalink.