ウオーキングの歩数で変わる健康レベル

3996797

前回、1日1万歩以上のウオーキングは必要がないという話をしました。そこからの続きなのですが、歩行数が健康のレベルにどのように影響してくるのかについて、青柳博士の研究結果をもとに解説してみたいと思います。

まず前回紹介しましたが、中強度(腕を振りながらの歩行で隣の人となんとか会話できるレベル)の早歩きで1日1万歩以上の歩行は膝を痛めたり疲労から免疫力が落ちてしまい、あまりお勧めできません。

最適な歩数は1万歩の手前の8000歩です。この歩数ですと疲労が次の日までたまりにくく、毎日フレッシュにウオーキングを続けていくことができます。体力もついて免疫力もアップしますので風邪を引きにくくなります。また高血圧、糖尿病の発症率が歩数がそれ以下の人と比較して大幅に低かったという結果がでているそうです。

7000歩以上では、がん、動脈硬化、骨粗しょう症の発症率が7000歩未満の人よりも大幅に低かったことがわかったそうです。そして5000歩以上では、認知症、心疾患, 脳卒中の発症率がそれ未満の人よりも大幅に低くなっていたそうです。

このように歩数のレベルの違いによって、疾患の発症率が大幅に違ってくるというのは注目したい知識だと思います。

ここでいう歩数はあくまでも1日の日常生活における歩行数をすべて足し合わせたものなので、まとまってウオーキングする時間は想像するよりずっと少なくなることに注意してください。まとまってウオーキングしても、細切れにイスから離れてちょこちょこ歩いても、どちらも健康に与える影響は同じです。

ですので普段からこまめに良く動く方は、まとまった時間をウオーキングに当てる必要はありません。逆にデスクワークが中心で、なかなか頻繁に机から離れられないという人はまとまった時間をウオーキングにあてることになるでしょう。

This entry was posted in 運動. Bookmark the permalink.