体臭から気づく体の異変

images (12)

体臭というのはなかなか自分では気づきませんし、周りの人も指摘してくれる人はあまりいないと思います。

とはいえ体の異変を感じるほどの匂いが出ている場合は、本人もしくはご家族の誰かが気付かれることも多いと思います。ここでは体臭による体調の変化を考えてみたいと思います。

体臭によるもので代表的なものはやはり糖尿病によるものです。糖尿病の患者さんからは独特の”甘酸っぱい”匂いがするといいます。

この甘酸っぱい匂いはどこから来るのかといいますと、血中に流れ出たケトン体と呼ばれる物質からです。糖尿病になるとエネルギーである糖を分解するためのインシュリンを生成することができなくなります。そうなると体はエネルギーを求めて脂肪組織を分解してケトン体を発生させるのです。

ケトン体は体の脂肪分を分解する際に生まれる脂肪酸のことで、肝臓内で生成されます。

このケトン体は酸性の物質なので、甘酸っぱいレモンのような匂いを発生させます。このケトン体から来る匂いは別名、”ダイエット臭”ともいわれます。若い女性など、急激なダイエットをやっている場合はこの匂いが発生する場合があります。

次にアンモニア臭がする場合を考えてみます。先ほどの甘酸っぱい匂いと違い、こちらは酸味のあるツーンとした匂いを放ちます。この匂いがでているばあいは、疲労やストレスによる腎臓機能の低下を疑ってもいいでしょう。

腎臓は体内の不要物を濾過して尿として放出する機能を持っているのですが、この濾過機能が低下することにより尿の成分が血中に放出され最終的に汗として対外に放出されるときに、アンモニア臭がしてしまうのです。

また腎臓と同様に肝臓機能が低下している場合でも同じようなアンモニア臭がするときがあります。肝臓は様々な機能を持っているのですが、その一つに体内の毒を解毒して体外に放出してくれる機能があります。したがってやはり疲労やストレスなどによって肝臓機能が低下すると、汗にまじってアンモニア臭がすることになります。

このように体臭は体調のバロメーターになりうるものですので、たかが体臭と思わずに自分が気付くほどの匂いである場合は、自分の体調と照らし合わせて病院に相談することも検討してほしいと思います。

This entry was posted in 生活習慣, ダイエット. Bookmark the permalink.