外国人には肩こりがないってのは本当!?

ダウンロード (14)

外国人は肩がこらないといいます。本当でしょうか。

実は外国人も肩は凝っています。基本筋肉があるところ凝りというものはあります。凝っていますが、そもそも外国人には肩がこるという概念がないのです。

日本で初めて肩が凝るという表現を使ったのは夏目漱石だという説があります。そうではないという説もありますが、当時でも人気作家の漱石が毎朝新聞に小説『門』を連載していたのですから、大きな影響力があったのは間違いないですね。

s_IMG_1363

門には次のような文章があります。

”頸と肩の継目すこし背中へ寄った局部が、石のように凝っていた”

このときはじめて日本人は肩が凝るという概念を知ったわけです。

外国人が肩といった場合、その範囲は日本人のそれよりも狭く、本当に腕の上腕の一部のみをさすことが多く、そのため肩が凝っているかと問われると違うと答える人が多いのです。

s_IMG_1362

そういえば日本の高性能マッサージ器も、海外ではまだ普及しておらず、日本人しかマッサージ器の気持ちよさを知らないという現状があります。もちろん海外の片は積極的に運動をして血行を良くすることによって、身体の凝りを解消しようとするので、マッサージ器のような受け身のものはまだ受け付けないのかもしれません。

肩こりの解消法は色々あると思いますが、ここではこの番組内で紹介されていたものを改めて紹介します。それは股関節をたてて腰を下ろすという運動です。肩こりなのに股関節?と思われるかもしれませんが、骨盤のゆがみを修正することで肩こりを直すという発想です。

s_IMG_1365

  1. 歩幅を大きく開く
  2. 胸を張る
  3. 骨盤を立てたまま腰を落とす

これを20回ぐらいをワンセットにやってみるといいとこの事でした。

This entry was posted in 生活習慣. Bookmark the permalink.