エナジードリンクのカフェイン量には要注意

8674-1336455175

エナジードリンクというと今は世界的にも認知されていて、例えばレッドブルなどは世界的なブランドになっていると思います。実はレッドブルなどのエナジードリンクは日本のオロナミンCなどの滋養強壮剤など参考にしたそうです。日本発祥の飲み物なんですね。

さてそんなエナジードリンクですが、最近ある若い方がエナジードリンクを飲みすぎて死亡するというニュースがありました。カフェインの取りすぎが原因と言われています。

カフェインには致死量があり、成人男子で1日約3000mgです。市販されている清涼飲料水では、たとえば缶コーラには約30mg、オロナミンC、リポビタン、リゲインなどは約50mg、コーヒー一杯分で60mgと言われています。

ですのでコーヒーを50杯分でも飲めば致死量になることになります。

もちろんそんな量を飲めるわけないと思う人が大半だと思います。しかし怖いのはカフェイン中毒です。知らず知らずのうちに中毒になっていて、大量のカフェインを摂取していることはありうるのです。

市販されている中で医療品でないものを除けば、一番カフェインが入っているのはモンスターエナジーの144mgですが、缶コーヒーも実はそれに迫る量を含んでいます。

エナジードリンクを飲まない人でも缶コーヒーは好きだという方は多いと思いますが、カフェイン量をチェックして、自分が好きなのは缶コーヒーなのか、それともカフェイン中毒に陥っているのではないかを考えてほしいと思います。

欧米人はお酒に強い人が多く、飲んでも顔に出ないといわれていますが、実はカフェインには弱い人が多いのです。カフェイン酔い、もしくはコーヒー酔いという言葉もあるほどで、日本人ではおそらく初めてといわれているカフェイン中毒による死亡例も、欧米ではたくさんの死亡例が報告されています。

やってはならないのはカフェインとアルコールのちゃんぽんです。カフェインとアルコールには相互作用があり、急性中毒になるリスクがあります。ですので例えばコーラー割りとかを頼むのは、少なくともカフェインに弱い人にはお勧めできない飲み方になります。

コーヒーを飲んで頭が痛くなったり、めまいが起きたりする人はそういうのみかたはやめましょう。

いずれにせよ、例えば仕事に追われてどうしても徹夜しなければならない場合でも、あまりエナジードリンクに頼ろうとするのはよくありません。徹夜はただでさえ体に大きな負担を与えますし(徹夜はできるだけ控えましょう)、それにカフェインを摂取すると体への負担はそれ以上に重くなります。

若いからといって、無理に元気を引き出そうとするのは逆に健康を失わせる結果になります。

This entry was posted in 食事. Bookmark the permalink.