自転車のヘルメットはどれが最適!?

k_1130389_wt

最近は自転車ブームで、車道を走っている自転車もよくみかけるようになりました。

堺は自転車のヘルメット装着を義務付ける条例を通しましたが、それでも自転車を乗っている人でヘルメットを装着されている人は残念ながら少ないように思います。

ヘルメットのありがたさを実感するのは転倒して頭を打った時です。当たり前と思うかもしれませんが、転倒して頭を打った経験のあるサイクリストは必ずヘルメットをつけるようになります。それはヘルメットなしでは大怪我につながっていたことを身をもって実感するからです。

このサイクリング専用のヘルメットは基本発泡スチロールでできています。発泡スチロールで大丈夫なのかと思われる方もおられるかもしれませんが、発泡スチロールは柔らかいので、地面に衝突した場合などもその衝撃をうまく吸収してくれるのです。

特に最近のヘルメットはコンピューターによってよく計算された造形をしていますので、衝撃をよく吸収して頭を守ってくれるのです。

そして発泡スチロールはなによりも軽いのが特徴です。ヘルメットが重いと頭が自然と下がり、目線も落ちてしまいます。そうなると遠くをみないために事故にある確率も上がってしまいます。特に車道をスピードを上げて走行される場合には、軽いヘルメットは必須だと思います。

最近は警察官も自転車を乗っている場合はサイクリング用のヘルメットを着けているのを見かけます。お巡りさんの自転車はスポーツ自転車ではなくいわゆるママチャリなので、また歩道を走ることも多いので、ヘルメットは頭を防御するというよりは啓発的な意味合いが大きいと思います。

小学生などもヘルメットつけていますが、あれは土木用のヘルメットを流用したものが多く、衝撃を吸収できずにそのまま頭部に伝えてしまいます。土木用ヘルメットはそもそも落下してくる物から頭を守るもので、この場合は脳への衝撃をいなすというよりは外傷的損害を防ぐために着けるものです。

ですのでやはりサイクリング専用のヘルメットを着けることを社会的も勧めたいですね。

これからは寒い季節ですが、日中の温かい間でもヘルメットを着けて自転車にまたがってほしいと思います。

This entry was posted in 生活習慣. Bookmark the permalink.