虫垂の大事な働き

virus_fukutsuu

”虫垂”というと、一般の人は虫垂炎という病気名でご存知の方が多いと思います。

しかし、虫垂という臓器が一体どのような働きをしているのか知っている人はあまりいないと思います。

実際、医者の間でも虫垂というのはその働きがよくわからない、盲腸と同じであまりその働きがわからない臓器のひとつだったのでした。しかも虫垂の場所はそのよくわからない盲腸の先っぽに飛び出ている小さな部分なのです。

そのため虫垂炎を予防するために、ほかの手術、例えば盲腸炎の”ついで”に前もって取ってしまうこともありました。

しかし最近はその働きが見直されるようになっています。

実は虫垂の働きは、いまよく話題になっている腸内細菌の働きに関係しているのです。

腸内細菌の働きが悪くなると、腸炎の原因にもなります。虫垂がないと、この腸内細菌の働きに必要なIgA産生細胞の数が減少してしまうのです。

IgA産生細胞というのは”免疫グロブリンA”と呼ばれる細胞で、免疫機能を司る抗原の一種です。主に消化管や呼吸器における免疫機構を司っており、特に腸管粘膜上で働く抗原なのです。

つまり虫垂は腸管に免疫細胞を供給してくれているのです。

そういう大事な働きをしてくれている虫垂を失わないためには、虫垂炎などにならないようにすることなのですが、虫垂炎の原因はまだよくわかっていないのです。

なんらかの異物や腫瘍により外部から圧迫が加えられ、虫垂の入り口が押されて炎症が起こってしまうなどが原因として考えられています。

盲腸や虫垂など、今までの医療水準ではその働きがよくわからない臓器がありました。それを不要だとかんがえてしまってたわけですが、今ではこれらの臓器を「無用の用」と表現される医者さんもいます。

わき腹などに腹痛や吐き気、食欲不振、嘔吐などの症状がでましたら、虫垂炎を疑ってお医者さんに診てもらいましょう。

This entry was posted in その他. Bookmark the permalink.