海や川ではライフジャケットの着用を

gatag-00010331

夏も終盤にはいりましたが、暑さはそのままですね。ご家族と川や海にいって遊ばれる方もおられると思います。

しかし残念ながら毎年水難事故が後を絶ちません。特に大きな事故ではライフジャケットをしていなかったという事例がとても多いようです。

ライフジャケットを着用しないまま、例えば海でおぼれたりしますと、あわてて大声をだして人に救援を求めるものです。しかしこの大声をだすことで肺の中の空気が外に出てしまい、体の浮力を失ってさらにおぼれてしまうのです。

ライフジャケット着用していれば、力を使わずに浮いていれば体力を消耗せずに、余裕をもって周りに救援を求めることができます。海流に逆らって泳ぎながら岸にたどり着くというのは、相当体力があるプロのスイマーじゃないとほとんど不可能だといわれています。

川の対岸へ泳ぐというのも想像以上に体力がいります。というのは川の流れを横に受けながら泳ぐからです。プールでも流れのある周泳プールを泳いでみればわかりますが、結構な水流の抵抗を感じるはずです。

ライフジャケットの有効性はデータにも表れています。ライフジャケットを未着用だった場合の生存率は国土交通省の調べではわずかに31%程度なのですが、ライフジャケットを着用すると生存率は85%まで急激に高まります。

ライフジャケットはその名前の通り、命のジャケットだということがわかると思います。

ライフジャケットには自動膨張式と手動膨張式の2種類あるのですが、お子さんにはやはり自動膨張式が良いと思います。おぼれた時や流されたときにパニックになりがちで、手動だと心もとないからです。

ライフジャケットを着用しない人にはそもそもライフジャケットを購入していない人も多いと思いますが、今はちゃんとしたものでも3千円くらいから購入できます。ひと夏を海や川で楽しんで自分の安全を確保してくれるジャケットが3千円程度というのはとても安いと思います。

ご家族で購入してもこれくらいならなんとかなりますね。

ライフジャケットがなければ常時子供たちの監視をしていなければならず気が休まりません。ジャケットを着用することで遊びに集中でき、水遊びを満喫できます。ぜひライフジャケットの購入をお考えいただきたいと思います。

This entry was posted in 生活習慣. Bookmark the permalink.