熱中症にかかった場合の対処法

pl-2014106236497

熱中症予防についてはこのブログでも何回かとり上げてきましたが、今回はもし熱中症にかかってしまったらどのような対処をすべきかについて紹介したいと思います。

たとえば知人や仲間が運動中などに熱中症にかかって意識がもうろうとして倒れてしまった場合を考えましょう。

まず対象者を木陰などの涼しい影のある場所に移動させます。意識がある場合は、すぐに水を飲ましてしまいたいと考えがちですが、真水しかない場合は急いで飲ますのはやめましょう。ミネラル不足で逆に脱水症状を引き起こす可能性があります。

近くに自動販売機などがあるなら、塩分やミネラルが入ったスポーツドリンクがベストです。OS-1はより最適です。

その場合はもし大量に水が手にはいる場合、例えば学校の運動場で水道水を大量にくめる環境なら、全身に水をかけてもらってもかまいません。ラクビーだと失神してしまった選手にやかんでぬるいお湯や水をかけたりしていますが、あんな感じで全身にかけてください。

ただし顔にかけると、意識がない場合は誤って肺等に水が入ってしまうので、顔にかけるのは意識がない場合は慎重にしましょう。意識がない場合はなによりもはやく救急車を呼ぶことが大切です。

水をかけたら、服を脱がして風にあてたりうちわなどで扇いであげます。脇や太ももの根元、首筋などにつめたい氷水をあてがうのは効果的です。

汗をタオルでふきとるのは禁物です。汗は気化して身体から熱を奪って体温を下げてくれる働きがあるからです。タオルを使う場合は、水に浸したタオルで全身に水分をかけてあげる感じで拭いて下さい。

以前は、そして今でも運動中に頭から水をかけると身体の体温調節が狂って逆に熱中症になりやすくなるという話がありますが、特に医学的根拠はありません。そういう特殊なケースがないとはいいませんが、普通の健常者であれば頭から水をかぶることで頭部を冷やすことができますし、頭表面も気化熱で冷ますことができます。

マラソンランナーが夏に走る際は、後頭部や首筋、そして脇や腕の部分に水に浸したスポンジを身体につけていますが、それと同じことです。

運動中は特に身体に水をかけること、そして仮に熱中症になった場合の対処法も水を有効活用してほしいと思います。

This entry was posted in 生活習慣. Bookmark the permalink.