森林浴の類稀な効能

s_IMG_1085

森林浴というとリフレッシュの有効な手段です。日頃、仕事や人間関係のなかでストレスをためてしまいがちな方でも、思い切って郊外のハイキングにでかけてみてもよいかもしれません。

エクササイズではなくあくまでも森林浴を楽しみたい場合は、近くの公園やちょっとした森や神社仏閣などにお出かけになるのもいいかもしれません。

森林浴、特にこの暑い季節では、やはり午前中、それも早朝に行うことが効果的です。比較的涼しくて、かつ新鮮な空気を楽しめます。

s_IMG_1086

森林浴によってストレスを低減してくれるには理由があります。”フィトンチッド”とよばれる木々が発生している有機化合物の発香成分が、気分をリフレッシュさせてくれるからです。

この成分には殺菌効果があり、木々の表面が傷つけられたときなどに発散されます。トドマツやヒノキ、スギなどは多めに発散してくれるといいます。

またヒトの免疫機構を司るNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化させてくれる効果もあります。ウィルスや悪性細胞などを撃退してくれる細胞にはT細胞などがありますが、NK細胞はT細胞と違って、対象を認識していなくても自然と撃退してくれることからこの名前がついています。

s_IMG_1087

森林浴は、このNK細胞の活性化を助けます。そしてその効果は一回の森林浴でも最長で2ヶ月近く続くといいますから、かなりおおきなものだということがわかるでしょう。

最近は森林セラピーといって、森林浴を活用することで自律神経の調整を図ったりする試みも出てきています。

ちなみに上の写真たちはすべて京都は嵐山の天龍寺の境内の写真です。堺なら浜寺公園や大泉緑地、大仙公園などがありますので、是非散策をかねて森林浴を楽しんでほしいと思います。

This entry was posted in 生活習慣. Bookmark the permalink.