岡山市と豊橋市の路面電車

s_IMG_1048

堺にも阪堺線がありますが、路面電車は日本全国津々浦々走っています。そこで今回は岡山と豊橋の市電を紹介したいと思います。

上の画像は岡山の路面電車です。写真の通りかなり新型でかっこいい電車です。ワンマンの2両編成なので、阪堺の新型路面電車と同じですね。ちんちん電車というよりはトラムといったほうがよいでしょう。

s_IMG_1047s_IMG_1046

なによりも目を引くのは内装です。ちょっとした喫茶店やホテルのラウンジみたいな装いで素敵です。テーブルを挟んでの対面式の座椅子スタイルというのは、日本の路面電車では初めてかもしれません。

s_IMG_1045

運転席も開放的で、コンパクトかつシンプルにまとめられていて、運転しやすそうですね。

さて近代的な岡山の市電の次は、古風で伝統的なタイプの市電を紹介します。豊橋の路面電車です。

s_IMG_0895 (1)s_IMG_0896

豊橋の電車はなかなか特徴的な顔立ちをしていて愛嬌がありますね。

s_IMG_0897s_IMG_0900

内装は岡山とはうってかわって質実なものです。岡山とちがいワンマン1両編成ですので、対面式の座席はありません。岡山が多少観光目的を意識したものだとすれば、豊橋は通勤通学としての役割が期待されているのです。

s_IMG_0899

もちろん豊橋市にも新型のトラムは導入されて走っています。阪堺もそうですが、新旧の電車が一緒に走っているのは普通の電車にはない路面電車の特徴だと思います。

This entry was posted in その他. Bookmark the permalink.