スポーツサンダルのすすめ

スポーツサンダル

スポーツサンダルというシューズが出てきています。

夏はできるだけ素足で出歩いて、足裏の感覚と地面を指でつかむ感覚を活性化させることが、足裏の筋肉を鍛えて転倒防止にもお勧めできることだと思っています。

最近の子供たちのシューズは非常に高機能でクッション性の高いシューズをはいています。昔の子供はスポーツシューズどころか、道路もアスファルトで舗装されていませんでした。

逆に言えば、土の地面のクッション性を失ったために、スポーツシューズのようなクッション性のあるシューズを履く必要が出てきたのかもしれません。

今は暑い夏ですが、サンダルはいちいち靴下をはかなくてもいいし、裸足ですぐに外にでられるので楽ですよね。

とはいえ普通のサンダルで長時間歩き回るのには限界があります。

そこで最近は各シューズメーカーも力を入れだしている”スポーツサンダル”という新しいジャンルのシューズをお勧めしたいと思います。

ここでいうスポーツサンダルは、ストラップがついていて足とサンダルをしっかりと固定化してくれるタイプのものです。

もともとスポーツサンダルというのは、川で遊んだり川沿いをヒッチハイキングしていくアメリカのリバーガイドさんが、ぬれた岩場などでも滑らずにしっかりとエッジがかかり、ぬれても重くなったり不快にならない通気性と通水性に優れたシューズを必要としたところから生まれたものです。

ストラップをしめないといけないというわずらしさは確かにありますが、足の甲の部分だけではくサンダルでは、歩くたびにサンダルの表面と足裏が離れてしまうといわゆるべた歩きとなり、本当の意味で足裏を使って歩いていることにはなりません。

遠出をするなら裸足の場合、足を傷つけないようにつま先までしっかりフォローされているもので、足底がフラットなタイプよりもある程度湾曲していて凹凸のあるインソールが入っているタイプのほうが、長距離の歩行には向いているでしょう。

スポーツサンダルといっても、種類とメーカーは本当にたくさんあるので、できれば実際に試着してから自分にあったメーカーとサイズのものを選んでほしいと思います。

This entry was posted in 運動, 生活習慣. Bookmark the permalink.