流行中の手足口病に注意

teas

手足口病が流行っているそうです。

手足口病というと、かなり特徴的な名前ですが、手足や口の中や周りに赤い発疹がでるウィルス性の感染症です。ウイルスにはいろんな変種があるのですが、基本”コクサッキーウイルス”といいます。

感染者の9割以上が5歳以下の乳幼児ですので、大人がかかることはあまりありませんが、子供のころにかかった感染経験のある大人でも感染します。

手足口病の症状としては発熱がありますが、高熱になることはまれですし、それも2~3日したら直ることが多いので、その点は重症化しやすいインフルエンザなどと比較してあまり心配することはありません。

しかし子供を持つ親御さんにとって、一つだけ注意しなければならないことがあります。それは合併症です。

脳炎や髄膜炎、小脳失調症などの頭にかかわる神経系の合併症が、稀ではありますが重篤化することがあります。台湾では急性脳炎で二桁のこどもさんがなくなった年もありました。

残念ながら手足口病にかんする有効なワクチンや治療法は開発されていませんので、重篤化すると対応が難しくなります。

大事なことはやはり予防です。外から帰ってくると手洗いと洗顔、うがいを欠かさずにしましょう。特にコクサッキーウイルスは便にも付着しているので、トイレ後の手洗いは徹底的にしましょう。

手足口病に限らず感染症については、東京都感染症情報センターに注意報や警報が随時反映されていますので、時折覗いてほしいと思います。

This entry was posted in その他. Bookmark the permalink.