第3のミルクといわれるライスミルク

tg

豆乳というと以前にも記事にしましたが、最近はコンビニなどでも良く見かけますし、普通に手に入る飲料になりました。そして牛乳、豆乳に次ぐ第3のミルクといわれている新しい飲み物がお米、厳密には玄米から作られた”ライスミルク”です。

ライスミルクは欧米ではかなり一般的な飲み物ですが、日本ではほとんど知られてきませんでした。日本はお米の国なので不思議ですね。欧米では動物性食品を好まないベジタリアンの人が特に好んで飲まれているそうです。

ライスミルクの特徴は、その飲みやすさにあります。牛乳ほど脂肪分が入っていないので、飲んだ後に胃もたれがなく、味もさらっとした感じです。逆に牛乳の濃厚さがお気に入りの人にとっては、すこし水っぽく感じて物足りないかもしれません。

低脂肪なので低カロリーでもありますが、最近は牛乳も低脂肪乳が一般的なので、それほどカロリーに関して低いということはありません。特にライスミルクはお米からできているわけですから、炭水化物が牛乳よりも大目になっています。その分カルシウムやたんぱく質はあまり含まれていません。ですので低カロリーかどうかは商品によって異なります。

日本の飲料メーカーでは酵素による糖化によって生じるオリゴ糖を含んでいるので、味はお米特有の自然な甘さが感じられて日本人には飲みやすいと思います。

玄米が原料ですので、コレステロールが含まれていないことは大きな特徴です。また豊富な食物繊維、ビタミンBとEが含まれています。

特にお勧めしたい人が、牛乳を飲むとおなかがゴロゴロして下痢をしてしまう人です。これは乳製品に含まれる乳糖という成分を分解できないことによるものですが、ライスミルクには乳糖は入っていないので下痢の心配はありません。実際、ライスミルクは普通の牛乳を飲めない人の代用品として重宝されているのです。

自家製の作り方を教えているサイトもありますが、衛生上難しい面が多くあまり薦められません。やはり飲料メーカーがつくった商品を購入するほうが、気軽にライスミルクを楽しめると思います。

まだコンビニなどで気軽に購入というわけにはいかないようですが、人気がでてくれば、豆乳のように身近なスーパーなどで購入できる日も遠くはないと思います。

This entry was posted in 食事. Bookmark the permalink.