緊急時のためにiphoneの「ヘルスケア」アプリの活用を

herusukea

iphoneをお使いの方に活用をお勧めしたいアプリが、iOS8なら元から入っている「ヘルスケア」のアプリです。

このヘルスケア・アプリは、アイフォンを使いこなしている人ほどあまり気に留めないアプリなのですが、もしもの時には大いに役立つ可能性のあるアプリです。

このアプリには「メディカルID」という項目があるのですが、これに登録しておくと、体調が悪くなったりして本人の意識がない場合でも、看護者がiphoneをチェックすることで、本人の血液型、緊急連絡先、アレルギー、臓器提供の意思の有無などを表示してくれるのです。

これはiphoneがパスワードでロックされていても他人が閲覧することができます。”スライドしてロック解除”をスワイプすると、左下に”緊急”の文字が見えるはずです。そこをタップすれば同じ左下の部分に”メディカルID”の文字がでてくるので、それを再びタップすればこれらの登録された医療情報を見ることができます。

ただし注意してほしいのは、必要以上に個人情報をいれるのは考え物だということです。残念ながらiphoneのこのような個人情報は、現状医療関係者に周知されているとは言いがたく、登録していても活用される可能性はそれほど高くはありません。ですので逆に紛失したりしたときは、ロックをしていても個人情報を悪用される可能性があります。

そのことをよく踏まえたうえで、頻繁に会う信頼できる知人にはなにかあった際に、自分のiphoneをチェックしてもらうようあらかじめ伝えておけば、もしものときの有効な手段かもしれません。

gt

またこのヘルスケア・アプリは勝手に自動で(笑)歩行距離などを計測して記録してくれています。ですので、まだチェックされたことがないという方は、一度このアプリを開いて自分でチェックしてほしいと思います。歩いたり走ったりした距離、登った階数などを日別、週別、月別で記録表示してくれています。

ただし色々な情報をみてみると、ヘルスケア・アプリはiphoneに内臓されている振動センサーのみで記録しているようなので、GPSなどを併用している専門のランニングや自転車アプリと比較すると正確性はかなり落ちるようです。

それらを踏まえたうえで上手にこのアプリのみならず、健康関連のアプリについて使えるものは活用していってみてはいかがでしょうか。

This entry was posted in 生活習慣. Bookmark the permalink.