筋トレは糖尿病にも効果的

2014156624939

糖尿病対策というとジョギングやマラソンなど体脂肪を減らしてくれる有酸素運動ですが、実は筋トレのような無酸素運動も効果があるのです。

なぜ筋トレが生活習慣病である2型糖尿病に効果的なのでしょうか、すぐに思いつくのは、肥大化し強化された筋肉が、血中の糖を消費してくれるということです。筋肉量の増大によって基礎代謝量があがり、結果エネルギーが消費されて血糖値をさげてくれるというわけです。

血糖値をさげるのに肝臓に負荷がかかるインシュリン分泌に頼らないで血糖値を下げてくれるのですから、糖尿病に効果的なのもうなづけますよね。

この経路は短期的には筋力はすぐには増えませんので、あくまでも継続した筋トレによる筋肉肥大による長期的な効果だと考えられていました。しかし実は筋トレを始めてすぐにでも、血糖値の減少効果がでているという分析もでてきました。これは筋トレ時の筋肉の収縮拡張運動時のエネルギー消費量が大きいからというのが大きな理由でしょう。

とはいえ、もともと糖尿病については、疾患に対しても予防についても、筋トレなどの無酸素運動は有酸素運動に対して”従”の立場でした。やはり糖尿病については有酸素運動で体重を減らすというのが一番効果的だと思われていたわけです。

しかし最近は上述したように、筋トレが短期的にも長期的にも糖尿病予防と疾患に効果的だという研究結果が現れ始めて注目されています。

大事なことは有酸素、無酸素を併用してバランスよくトレーニングをすることです。有酸素運動は体脂肪を減らし、心肺機能を高めてくれる効果があります。これに対して無酸素運動は筋肉量を増やすことで代謝量を増やし、また高齢者なら転倒防止など日常生活に必要な筋力を強化してくれます。つまり有酸素と無酸素はそれぞれ互いに補完的な運動なのです。

有酸素運動と無酸素運動における体重の変化については以前にも記事(筋トレによる体重の変化)を書いたことがありますので、参考にしてください。

筋トレの有酸素運動に対する最大の利点は、天候に左右されないでできるインドア系のスポーツだということです。今のような梅雨の時期でも問題なくできますので、お近くのジムや自宅のリビングなどでもちょっとした機材を使って筋トレをしてほしいと思います。

This entry was posted in 筋力トレーニング. Bookmark the permalink.