アスパラの保存方法と召し上がり方

resize (1)

アスパラというと、マヨネーズにつけてたべるととてもおいしい野菜ですね。5~6月が旬なので今が食べ時の食材です。

アスパラを冷蔵庫で保存する場合には、ちょっとした工夫をすれば風味が持ちます。具体的には、アスパラを新聞紙やキッチンペーパーなどで包み、ポリ袋にいれて「立てて」冷蔵庫にいれます。こうすると野菜が持つ水分が蒸発しても新聞紙で吸収することで、新聞紙内部に適度な湿度を保つことができ、アスパラの乾燥化を防ぎます。新聞紙をすこし濡らしてからアスパラをくるみ、それをビニール袋にいれて保存するのも結構です。

アスパラを立てて保存するのは、横に寝かせてしまうと、アスパラは収穫されてからも成長するので、成長した分が横に折れ曲がってしまうからです。また、糖や旨味成分がより残るともいわれています。

アスパラの湯通しする場合のめしあがり方ですが、まず根元を1~2cm切り落とします。沸騰させたお湯に少々塩を加えて、そこに”根元から”アスパラをいれます。一呼吸おいて先端までお湯にいれます。さーと色がグリーンに変わっていきますので、その後取り出して冷水にひたします。

アスパラにはミネラルやビタミンA/B/Cを豊富に含んでいますので、夏バテ防止にも役立ちます。またアスパラギン酸と呼ばれるアミノ酸を含んでいて、筋肉の疲労回復や新陳代謝を促します。”アスパラ”の名前もそこから来ているのですね。またカルシウムや鉄分を含んでいるので、骨の強化や貧血防止につながります。

アスパラにはグリーンアスパラとホワイトアスパラの2種類がありますが、違いは育て方によるものです。ホワイトアスパラには日光が当たらないよう布で隠して栽培するため色が白くなっているのです。栄養の含有量はグリーンアスパラのほうが豊富に含まれていますので、普通はグリーンアスパラをお勧めしますが、ホワイトアスパラは加工用のものがほとんどで、まず一般の方が最初から手にすることはないと思います。

マヨネーズなどのカロリーが気になる方は、塩やポン酢などで味付けして召し上がってください。

This entry was posted in 食事. Bookmark the permalink.