足腰強化に阿波踊り

201429456240

阿波踊りというと徳島県の有名な伝統の踊りです。毎年夏になると阿波踊りをみにくる観光客は130万人ともいわれていますから、すごいですね。

阿波踊りの独特な踊りは、かの英国のチャールズ皇太子が来日したときに、人生で一番奇妙なものをみたといったとか(笑、それぐらい固有のものです。

阿波踊り自体は400年前に徳島藩が成立して以降できたといわれますが、「阿波踊り」という名称自体は比較的最近だといわれています。

以前ラジオ体操について書いたこと(あなどれないラジオ体操)がありますが、ラジオ体操には全身の筋肉を使う多くの種類の動きが入っているといいましたが、阿波踊りも負けてはいません。阿波踊りは基本2拍子で、小刻みな上半身の動きを加えながら、手先までしっかり動かします。

阿波踊りにはご存知のように、男性と女性では踊り方が違います。それぞれ男踊り、女踊りといいますが、男踊りは腰を低く膝を横に曲げる独特の姿勢で踊り、女性は逆に膝を高く上げて、腕も顔上方に上げてできるだけ高く優雅に、そしてコンパクトに踊ることが特徴になっています。

やってみるとわかりますが、ものすごく窮屈な姿勢で、背筋や腹筋、そしてお尻から太ももにかけての筋肉が必要となります。徳島での阿波踊り本番の演舞場では、幅が200mあるのですが、これを踊りきるのは本当に大変ですね。普段から踊りなれていないと、まず足の筋肉がつるでしょう。

実際に阿波踊りを習得するには、徳島県内では無料で講習を行っているところ(=にわか連)がたくさんありますので、皆さんそこに通われています。徳島県内の学校ですと、授業で阿波踊りは取り上げられているそうです。大阪でも主に徳島出身者が集まってできている集まりが幾つかあります。”連”という集まりがあり、一種の同好会みたいなところで練習されているようです。本番は徳島にいって踊られる本格的な連もありますので、検索して探してみてください。

ここまで本格的なものでなくても、今はもっとエクササイズ用の阿波踊りが開発されていて、ネット上で動画を公開してくれていますので、参考にしてほしいと思います。よく阿波踊りのエッセンスを掴んでいると思われますので、初心者には最適だと思います。

YouTube Preview Image
毎年8月12日から15日までの4日間、徳島県で阿波踊りの大会が開かれていますので、一度は是非本物を見に行ってほしいと思います。本番は音の大きさがすごく、街のあちこちで太鼓の音が鳴り響き、まるでロックコンサートのようだと驚かれると思います(笑。

This entry was posted in 運動. Bookmark the permalink.