梅雨の時期のダニ・ノミ退治

seikatu-1-220x175

梅雨の時期にはいると、考えなければならないのは、ダニやノミの繁殖です。ダニやノミにとって一番の好物は、湿度だからです。

ダニやノミを放置していると身体がかゆくなるだけではなく、アレルギーを引き起こしたり喘息になる危険性もありますので、甘く見てはいけません。

それではダニやノミを発生させないためには、どうしたらよいでしょうか。幾つかすぐに思い浮かぶ方法がありますよね。今回は特に布団にフォーカスして、ダニ・ノミ対策を考えたいと思います。

すぐ思いつくダニノミ退治には、天日干しで布団を乾燥させる、掃除機で吸い上げる、洗濯してしまうなどがあると思います。

いずれも”それなり”に有効な方法ですが、実験によりますと天日干しはダニは弱るけれども死滅しないといいます。紫外線に弱いことは確かですが、死滅させるほどには効果はないらしいのです。

掃除機で吸い上げるというのは、確かに布団表面のダニを吸い取ってくれるのですが、ふとんの奥深くにまで隠れているダニは除去しきれないといいます。

洗濯はどうでしょうか。丸洗いをしてもダニは特異な環境でもしぶとく生き残る性質を持っているため、洗剤程度ではいかんともしがたいという結果になっています。

もちろんだからといって、洗濯や天日干しに意味がないなどということはありません。洗濯をすることでダニやノミの好物であるフケなどを掃除できますし、ノミやダニが繁殖しやすい汗などで湿った環境を除去することにつながります。つまりダニを直接死滅させることはできなくても、ダニやノミが住みにくい環境を作ってくれるのです。

しかしダニやノミを直接退治してくれる方法は乾燥機につっこむことです。所さんの番組である「所さんがの目がテン」によれば、乾燥機の中で約70度の温度で40分間乾燥機させると、ほとんどのダニが死滅したそうです。

梅雨だと、なかなか外に干すことはできないと思いますが、その代わり乾燥機をフル回転させることで、ダニやノミに悩まされない住環境をつくることができると思います。

*画像はイラストソザイバコさまから

This entry was posted in 生活習慣. Bookmark the permalink.