パーキンソン病へのご家庭内での対応

th_trec012-300x249

パーキンソン病は、脳内のドーパミン不足によって生じる進行形の神経性疾患のひとつです。

パーキンソン病は、この疾患を1817年に発見したイギリス人医師のジェームズ・パーキンソンの名前から取られています。パーキンソン病の大きな特徴である静止時の手足のふるえについて、はじめて指摘した人です。

この手足のふるえは、「静止時振戦(しんせん)」と呼ばれています。

病気は40~50代から発症し始めることが多く、進行性といってもその進みは遅いため、はじめは本人も気がつかないことが多いです。

パーキンソンは「ふるえ」のほか、「無動」「固縮」「姿勢障害」が主な特徴として知られています。

無動というのは、たとえばイスに座った際に、手や足をゆらす回数が減ったり、まばたきの回数が少なくなったり、顔に手をやったりすることが、普通の人と比べてかなり少なくなることです。このためひとつひとつの動作が遅くなります。

固縮とは身体が小さく固まってしまうことです。舌や口蓋の筋力も落ちて固まるので、会話がしにくくなります。

姿勢障害は前のめりに倒れたり、後ろに倒れたりして、条件反射的な突っ込みを伴う障害のことです。また歩行も歩幅や腕のふり幅が小さくなり、かつ序序にスピードがでるような形になりやすくなります。

このように、パーキンソン病は身体の可動域とその活動を制限します。

パーキンソン病と紛らわしい病気に、「本態性のふるえ」があります。本態性とは原因がわからないという意味ですが、これは何をしていてもふるえがとまらない病気です。パーキンソンは何かをしようとするとふるえがとまりますので、そこで区別することができます。

さてこのような症状を持つ患者さんに対して、家庭内でどのような対処法をとればいいのでしょうか。効果的なポイントについて紹介します。

  • できるだけ自分でできることは自分でしてもらう
  • 日常的に伸ばす曲げるなどのストレッチを行う
  • 食事の際、持ちやすいように太目の柄がついたフォークやナイフを使う
  • ぶつけて障害になるようなものを床に置かない
  • 電源コードなどひっかかりやすいものはテープで縛ったりして整理する
  • ゆっくり大きな声で話しかけてあげる
  • 便秘気味になりやすいので、お通じがよくなる食事(ヨーグルトなど)を用意してあげる

お近くにスポーツジムなどがあるなら、たとえば水中ウオーキングなどは転倒の怖れもなく、自然な負荷がかかるのでお勧めですが、おぼれる危険性もあるため、水の浅いところで行い、必ず付き添う人をつけてくださいね。

最近はパーキンソンを完治させるまでには至っていませんが、その進行を遅らせて停めてくれる薬も開発されています。お薬を飲んで、筋トレや歩行訓練、ストレッチにしっかり励めば、個人差はあるものの、日常生活を支障なく送ることができます。

パーキンソン病の薬の副作用は吐き気を伴うものも多いですので、嫌う人は嫌います。お医者さんとよく相談して、我慢できない場合は吐き止めを一緒に服用してください。

パーキンソンを必要以上に恐れず、明るくポジティブに日常生活を送りましょう。それが結果として病気の進行を抑えてくれます。ご家族の方も負担にならない程度に、ケアしてほしいと思います。

This entry was posted in 介護. Bookmark the permalink.